15.08.09(Sun)

エマ・ワトソン、恋人との破局をいやしたのは静養所での沈黙生活!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エマ・ワトソン

 『ハリー・ポッター』シリーズで知られる英女優のエマ・ワトソン(Emma Watson)は昨年12月、英オックスフォード大の学生でラグビーのスター選手マシュー・ジャネイ(Matthew Janney)と交際から1年で破局した。

 エマは私生活についてあまり語るタイプではないが、_英版Vogue誌とのインタビューで、失恋の傷をどういやしたのかを話している。

 「別れる前からすごく気まずい感じがしていたの。自分自身を取り戻す方法を考えたいと思って、静養所に行った」とエマは同誌に打ち明けた。

 マシューとの破局は「おぞましかった」と語るエマは別れの直前、カナダのロッキー山脈にあり、1週間のあいだ沈黙で通す静養所に慰めを見いだしたという。

 11歳で魔法使いの少女ハーマイオニー・グレンジャー役で世界的な人気女優となったエマは、これまでに何度も恋愛の噂が流れた。幸い、過去の恋人たちはエマが有名人だということで臆することはなく、エマには良い思い出も多いようだ。

 「これまでのボーイフレンドやパートナーはだいたい、本当に大切に扱ってくれた。彼らのおかげで今の私がある。これまでに自分がやってきたこと、自分が自分であることの意味を考えると、恋愛で苦しんだとは思っていないわ。それは男性を見下した考え方よ。彼らを傷つけるものだわ」とエマは語っている。

 自分がトップスターの仲間入りをするとはまったく想像したことのなかったエマだが、名声には2つの面があることは身にしみて分かっている。

 「諸刃の剣みたいなものだということはいつも頭の中にあった。必ずしも自分が女優や有名人になるとは思っていなかったから」とエマは以前、英Total Film誌で心境を語ったことがある。「まさか自分がなるわけがないと思っていたの。でもそうなってしまった。学校に来た人たちが私を見て写真を撮り、私はロンドンまでオーディションを受けに行ったわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。