15.07.24(Fri)

クロエ・カーダシアン&ラマー・オドム、離婚書類に署名!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

クロエ・カーダシアン

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian, 31)とNBA選手で元ロサンゼルス・レイカーズのラマー・オドム(Lamar Odom)が離婚書類にサインしたと報じられた。

 クロエは2013年12月、その4年前に結婚したラマーとの離婚を申請。しかし2人ともその手続きは何もせず、復縁の可能性も話し合っていたと言われている。審理が前に進まないことから、申請を取り下げるべきだと判事が強い調子で迫ることもあった。

 ここへ来て、芸能情報サイトTMZはクロエとラマーが法的書類に署名し、17日に裁判所に提出したと報じている。判事が署名すれば、夫妻の離婚が成立することになる。

 またTMZは、クロエとラマーが長い話し合いの後で資産の分割でも合意に達したとしており、数日以内に離婚が成立する可能性が出ている。

 クロエはラマーに浮気とドラッグ使用の疑いが浮上したため別れを選んだ。 破局後、クロエはラマーとの関係は「以前と変わらない」と主張していた。

 「人生は自分で理解し、進めていくもので、他人を幸せにするためのものじゃないわ」と彼女はCosmopolitan誌に語っている。「後悔は全然ないわ…人は前に進みながら学んでいくものだから」

 ラマーと別れた後、クロエはラップ歌手のフレンチ・モンタナ(French Montana)と破局と復縁を繰り返した。現在は同じくNBA選手でヒューストン・ロケッツで活躍するジェイムズ・ハーデン(James Harden)と付き合っているとみられている。

 しかし今週、ロシェル・レルフ(Rochelle Relf)という女性が、ジェームズがクロエと初めて一緒のところを目撃された後で彼と一夜を共にしたと爆弾発言した。

 クロエはこの件についてコメントしていない。

 一方、クロエと別れたラマーは私生活と選手活動の両方の立て直しに集中している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。