15.05.02(Sat)

サム・スミス、声帯の出血で豪ツアーをキャンセル

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

サム・スミス

 今年のグラミー賞で最多4冠に輝いた英歌手のサム・スミス(Sam Smith, 22)が、オーストラリアでのツアーをキャンセルした。

 サムは4月28日、前日に続いてシドニーでコンサートを行う予定だった。しかしステージに立つ直前にドクターストップがかかったと発表された。

 「オーストラリアツアーをキャンセルせざるをえないとファンに伝えることに、深く、深く悲しんでいます。しばらく前からノドの疲労に悩まされていて、昨夜シドニーで声帯に軽い出血が発見されました」とサムは興行会社のフロンティア・ツアーリングが発表した声明でコメントしている。

 サムは症状の悪化を避けるため、休養するほか選択肢はない。コンサートのキャンセルに加え、豪TV Week誌主催の第57回ロジー賞授賞式への参加も見送っている。

 「医師からは声帯が治るまで完全に休養すべきだと言われました。そうしなかった場合、復帰まで長い時間がかかることになります。チケットを買ってくれたみなさん、本当に申し訳ありません。心からそう思っていますし、心がつぶれるような気持ちです」とサムはつけ加えた。

 サムの声明はフロンティア・ツアーリングの公式サイトに掲載され、12月のコンサートの予定も明かされている。キャンセルされたコンサートのチケットを買った人たちは、12月のコンサートで先買権が与えられる。

 これまでのところ、2015年はサムにとって最高の年となっている。グラミー賞では「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」での年間最優秀レコードを含む4部門を制覇したほか、英音楽の祭典「ブリット・アワード」(BRIT Awards)でも2部門で受賞。さらにビルボード・ミュージック・アワードでは13部門、英国とアイルランドの優れたミュージシャンに贈られるアイヴァー・ノヴェロ賞でも1部門でノミネートされている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。