ランジェリーのプロ直伝!ショーツのお作法 ~あなたに自信を与える、勝負パンツのチカラ~

PROMOTION

ランジェリーのプロ直伝!ショーツのお作法

「古い下着をつけていると、運気が逃げていく」なんて、聞いたことはありませんか?それってあながち間違ってないんです。新しい下着だと気合が入ったり、お気に入りの下着だと安心したり、自信がつくという研究結果も出ているほど。とりわけショーツは、女性の大切な部分を守るだけじゃなく「勝負パンツ」なんて言葉があるくらい、女性のパワーの源。つけていて気分がよいショーツは運を引き寄せてくれる気がしますよね!今回は、そんなショーツのちょっと為になるハナシを、ランジェリースタイリストの中根菜穂子さんから探ってきました。

中根 菜穂子 ランジェリースタイリスト。ランジェリーカレッジ主宰。スタイリスト業だけでなく、ランジェリーについて学ぶセミナーや、スタイリスト養成スクールを運営。「自分の為のランジェリーを自分で選び、楽しむこと」が当たり前になる世の中を目指し、ランジェリーの魅力を発信し続けている。

選ぶならまずはショーツから!後ろ姿が美しく見える勝負パンツはコレ!

中根さんは、ブラジャーではなくショーツからランジェリーを選び始めるのだそう。その理由は、ショーツの方がデザインの幅が広いから。カップの部分にデザインが集中するブラジャーに比べ、ショーツは前後左右様々な方向からデザインがなされているのです。素材、形などの自由度も高く、より自分の好みに合ったランジェリー選びが楽しめるとも、中根さんは言います。そして、セクシーさと独特な形からおしゃれ上級者がはくものだと思っている人も多いかもしれませんが、「日本人女性にこそTバックが適している!」と中根さん。

日本人女性にTバックがオススメなわけって?日本人のヒップは、海外女性のヒップに比べて平たん。ふくらみが少ないため、ショーツをはくと、ヒップのトップ部分がブカブカなんてことも。だからこそ、Tバックが、日本人女性にピッタリなんです!Tバックなら布が余ることがないので、スッキリと心地よくはけること間違いなし。他にも、下着のラインが洋服に響かなかったり、ムレ防止になったりメリットがいっぱい。セクシーな見た目なので、勝負下着としてもオススメです!ヒールを履いていると自然と姿勢が伸びるように、Tバックをはくことで気が引き締まり、ヒップアップも期待できますよ!

それでも抵抗がある人は、「ブラジリアン」や「チーキー」がオススメ!Tバックといっても形は様々。ヒップ部分のカットにも種類があるのです。イメージされやすいTバックは「セミソング」ですが、「チーキー」や「ブラジリアン」なら、ヒップの布面積が広く、ノーマルなショーツに近い感覚ではくことができます。総レースのものなら、ソフトな着用感で食い込みにくいし、初心者にオススメ。女性の魅力を引き出してくれるだけでなく、機能性も抜群なTバック。あなたもトライしてみて!

たったそれだけ!?自分のヒップサイズに合ったショーツの見分け方

素敵なショーツを選んだら、次に行いたいのがサイズの確認です。ショーツはデリケートゾーンに直接触れるもの。毎日はくものだからこそデザインだけじゃなく着け心地も気になるところ。でもショーツって試着もなかなかできないし、メジャーを巻いて測るのもちょっと面倒。そんなあなたに、ヒップサイズに合っているかを簡単に見分ける、ちょっとした裏技があるんです。それは、ショーツの端を持って、左右に軽く引っ張ってみる方法。

ショーツの両端が、体の側面まで来るようであれば、少なくとも小さすぎるということはありません。この方法なら、自分で手軽にサイズが合っているか確認することができますよ!簡単チェックで、自分にフィットするショーツを選んでみて!もちろん、定期的にメジャーで測って、自分の明確なサイズを把握しておくのも大切ですよ♪

ソフトガードル、シルクショーツって?シーンに合わせた下着の使い分けにトライ!

「ヒップメイク」「美尻」こんなキーワードが気になる人は、補正や矯正というガードルの持つ機能はそのままに、締め付け過ぎず快適につけられる「ソフトガードル」に注目です!ガードルはキツいし、おばさんくさいというのはもう過去の話。おしゃれで柔らかく、ショーツ感覚で1枚ばきできちゃうものが増えているのだとか。「キレイにタイトスカートをはきたいけど、今すぐには痩せないし」なんてわがままにも応えてくれる、便利なアイテムです!そして就寝時には、リラックスに特化したショーツがオススメです。なかでも中根さんが愛用しているのは、肌触りの良いシルク素材のもの。締め付けも少なく、下半身がリラックスできるので快眠につながるんだとか。また、中根さんは夜にはくショーツを含め、毎日3回ショーツをはき替えるそう。

外出するときは、Tバックなど、その時の洋服に合ったひびかないものを選びますね。寝ているときは、シルクやオーガニック素材のものや、圧迫を感じにくいゴムが入っていないショーツなどをはきます。仕事中は、気合いの入るデザインショーツや体型を補正してくれるソフトガードル、その分だけ夜はそんな自分を甘やかしてくれるようなリラックスショーツ。はき替えることで1日のメリハリも生まれそうです。

お気に入りのショーツを長持ちさせたい!女子の2人に1人が使っているアイテムって?

ショーツは、女性に自信を与え、前向きにしてくれる大切なアイテム。デザインや機能性など、自分流のこだわりを持って選んだショーツは、あなたにとって大切な1枚になるはず。だからこそなるべく長く付き合っていきたいですよね。そんな時に心強いのが、おりものシート。20~30代女子の2人に1人が使っているそう(2019年9月小林製薬調べ)。デリケートゾーンを清潔に保つだけでなく、下着を汚さず消耗を遅らせることができる女性の味方です。ショーツを選ぶのと同じように、おりものシートだって自分に合ったものを選びたい。「サラサーティ」なら、そんな女性のこだわりに応えてくれる商品が満載です!

サラサーティコットン100 肌にふれる表面シートに高品質な天然コットンを100%使用した「サラサーティ コットン100」は、やさしく触れてかぶれにくいので、敏感なデリケートゾーンでも安心して使用できます。

サラサーティコットン100 2枚重ねのめくれるシート 「2枚重ねのめくれるシート」なら、めくるだけで新しいシートになるから簡単に取り換えられます。シートを持ち歩かなくてもいいので外出先でとっても便利!

サラサーティ SARA・LI・E(さらりえ)「SARA・LI・E(さらりえ)」は、通気性がよく、リネンのようなさらっとした肌触りで、まるでショーツをそのままはいているかのよう。動いてもヨレにくいおしりスッキリ設計で、色々なショーツに合わせやすいのではないでしょうか。

サラサーティ SARA・LI・E(さらりえ)Tバック用 また、Tバック派のあなたには「SARA・LI・E(さらりえ)Tバック用」がうってつけ。中根さんもこの商品を見つけたときは、本当に感動したんだとか!

女性の背中を押してくれる「おりものシート」100枚以上のショーツを所有する中根さんも、おりものシートを愛用している一人。最後にこんなことも語ってくれました。「色んなショーツを身に着けてきた私ですが、やっぱりきれいな白いショーツに一番魅力を感じます。でも、白って汚れが目立つし敬遠しがち。そんなとき背中を押してくれるのがおりものシートなんです」理想の自分に近づく、気分をあげてくれるショーツ選びを諦めない!おりものシートは、そんな女性たちを後押ししてくれる重要なアイテムなのかもしれません。

ソフトガードル:FASHION SHAPE 美トレヒップ/by トリンプ
シルクショーツ:シルクウォームショーツ(PG003)/by BASARA


情報提供元 / 小林製薬株式会社
企画・制作 / モードメディア・ジャパン株式会社