• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • カルヴィン・ハリス、新恋人テイラー・スウィフトが自分をテーマにした歌を作らないよう禁止令!

15.04.15(Wed)

カルヴィン・ハリス、新恋人テイラー・スウィフトが自分をテーマにした歌を作らないよう禁止令!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

カルヴィン・ハリス

 スコットランド出身のDJで音楽プロデューサーのカルヴィン・ハリス(Calvin Harris, 31)は、新恋人と噂される米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift, 25)が自分に関する曲を作らないよう強く求めているようだ。テイラーは過去の恋愛を曲にすることでも知られているが、カルヴィンはテイラーが今後、自分たちの関係を歌にする可能性に不快感を抱いているらしい。

 「口に出してはいなかったけど、ずっと考えていた問題だった。とうとう先週、彼女に突きつけて、自分にはそんなことをしてほしくないと伝えたんだ」とある事情通が米版OK!誌で語っている。「(カルヴィンは)彼女の復讐ソングで恥をかかされた過去のボーイフレンドの仲間入りをするなんてまっぴらなんだ」

 テイラーはこれまで、俳優のジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)や歌手のジョン・メイヤー(John Mayer)、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles)らと浮き名を流してきた。カルヴィンは世間の評判を心配しているばかりではなく、テイラーが元カレとの関係を歌にすることで「自分自身をおとしめる」と信じているようだ。

 「彼女のことは非凡なミュージシャンだと考えていて、男の子について語るありふれた歌詞ではなく、その知性を使ってポジティブなエネルギーを作曲に活かすべきだと思っている」と事情通は話している。

 テイラーは先日、豪ラジオ局「2DayFM」とのインタビューで、曲のインスピレーションの源を「性差別主義」だとするメディアの執拗な報道に反論。さらに自分の作曲プロセスには元恋人に対する悪意がまったくないとも力説した。

 「作曲を武器だと思ったことは一度もないわ」とテイラーは先日、米Vanity Fair誌とのインタビューで説明した。「愛と喪失、悲しみと孤独、そして成長を分からせてくれる方法の一つだとしか考えていないの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。