• GLAM TOP >
  • LIFESTYLE>
  • LIVING>
  • 【女の履歴書】Vol.8 イラストレーター・進藤やす子 「私を成長させてくれたのは、その都度、出会った編集者でした」

18.09.18(Tue)

【女の履歴書】Vol.8 イラストレーター・進藤やす子 「私を成長させてくれたのは、その都度、出会った編集者でした」

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

進藤やす子 イラストレーター

1974年生まれ。中学1年生の終わりにファッション女性誌『mc Sister(エムシーシスター)』(婦人画報社)の誌面を見て、女性誌で活躍できるイラストレーターになりたいと思いはじめる。武蔵野美術大学を卒業後、ライオン株式会社に就職。パッケージデザイナーとして5年間勤務した後、フリーランスのイラストレーターに転身。以来、雑誌や広告、自書を執筆するほか、デザイナーとして商品開発に携わったり、メディア出演や講演等も行ったりするなど、マルチに活躍中。最新著書『進藤やす子のファッションダイアリー』が発売中。

イラストレーターへの憧れは、雑誌『mc Sister』が、きっかけ

Q.人気イラストレーターとして活躍する進藤さんですが、いつ頃からどんなきっかけでイラストレーターになりたいと思ったのですか?

絵を描くことが好きだったので、最初は少女漫画家になりたいと思っていました。ですが、中学1年生の終わりに、ティーン誌『mc Sister』(現在は休刊中)に掲載されていたイラスト付きのカルチャーページに出会い、私の夢は変わりました。そのページが衝撃的に面白くて、記事を読ませるために興味を引くようなイラストを描きたいと思い、以来“女性誌で活躍できるイラストレーター”を志すようになりました。

Q.イラストレーターとしての初仕事はいつでしたか?

当時、懸賞によく応募していたんですが、ハガキに自作のイラストを挿入して送ると、それがバンバン当選しまして……(笑)。すると大学2年生のときに、雑誌『caz』(扶桑社)の編集部から、“イラストレーター兼読者モデル(以下、読モ)”として声がかかり、イラスト・ルポを描かせてもらうことになりました。それがイラストレーターとしての初めての仕事ですね

Q.大学卒業後は、大手メーカー・ライオンに就職しています。なぜすぐに、イラストレーターとして歩み始めなかったのですか?

大学3年になり、将来の進路選択をする際に、『caz』の編集の方から、「イラストレーターとして独立したいのなら、一度は社会に出ている人の方が、社会常識が身に付いていて仕事を頼みやすい」とアドバイスをもらったからです。ですから自分の中で期限を設け、一般企業に、パッケージデザイナーとして就職することにしました。