GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2014.12.02(Tue)

優等生イメージのあるリース・ウィザースプーン、恥ずかしい過去を告白!

リース・ウィザースプーン

 米女優のリース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon, 38)は昨年、停車を命じた警官に従わなかったことで酒気帯び運転と治安びん乱罪の容疑で逮捕された。しかしリースは自慢できない人生経験のおかげで今の自分があると感謝している。

 「離婚したこともあるし、恥ずかしい経験もしてきたわ」と彼女は米版Glamour誌とのインタビューで認めた。「でもそれも人生の冒険の一部だとみることができれば、今この瞬間の自分につながっていくと思う」

 リースはシェリル・ストレイド(Cheryl Strayed)の自叙伝「Wild」を原作とした映画『Wild(原題)』に出演。シェリルは1,000マイル(約1,600キロ)超もの長距離を単独で踏破したことで知られ、今回のインタビュアーを務めた。彼女の質問はリースが人生で大切にしていることについても及んだ。

 「床の上で泣き崩れたり、人生の出来事で動揺したりしたときに来てくれた女友だちを持てたことはすごくラッキーだと思っているの。彼女たちは私を立たせ、服を着せ、子どもを学校に送って、晩ご飯を持ってきてくれた」とリースが説明した。「女友だちを愛しているし、彼女たちとの関係はどんなことがあっても守る」

 リースが言及した恥ずかしい過去の中には、グロリア・ゲイナー(Gloria Gaynor)のヒット曲『恋のサバイバル』に合わせてダンスするというビデオがある。

 「すごく笑えた?」とリースは半ば冗談でシェリルに質問した。「面白かった? それ、私のダンスがうまいから嫉妬して笑っているの?」

 正直に質問に答えていく中で、リースは髪を染めていることが気に入っているとも明かしている。元々ブロンドの髪だったかどうか質問されたリースは、南部出身という自身のルーツを引き合いに出した。

 「どうかしらね! 自然な髪の色を最後に見たのは16歳のときよ。私は南部出身なの。ナチュラルカラーは好きじゃないわ」とリースが強調した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team