• GLAM TOP >
  • FASHION>
  • NEWS>
  • ベルメゾンのシューズブランド「benebis」の新作発表会で、吉澤ひとみさんと斎藤寛子さんが春ファッションを披露。

15.04.01(Wed)

ベルメゾンのシューズブランド「benebis」の新作発表会で、吉澤ひとみさんと斎藤寛子さんが春ファッションを披露。

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

IMG_3126_edited_edited

ベルメゾンのシューズブランド「benebis(ベネビス)」が3月24日、丸の内オアゾで新作発表会を開催。ゲストにはモーニング娘。OGの吉澤ひとみさんと、有名女性誌の人気読者モデル斎藤寛子さんが登場し、足の悩みや靴選びについてトークセッションを行ないました。

アンサンブルとプリーツスカートの春らしい装いの吉澤さんは、丸の内で働くOLを意識したというコーディネート。一方の斎藤さんは、ギンガムチェックに白のプリーツスカートを合わせて爽やかな印象に。普段はスニーカー派という二人も、当日は「benebis」を着用。履き心地を聞かれると「クッション性が高くて、スニーカーよりも楽!」(吉澤さん)、「子どもがいるので、いつも走れるシューズを履いています。『benebis』はホールド感があるので、走ることもできて驚きました。これまでパンプスは敬遠していましたが、『benebis』のパンプスならどんどん履きたいと思います」(斎藤さん)とコメント。


IMG_3141_edited

2児のママである斎藤さんは、そのファッションセンスでも注目を浴びています。ファッション観について聞くと、「洋服は気分が上がるものをいつも選ぶようにしています。今春はブルーやイエロー、ピンクなど、明るい色が気分。ベーシックなアイテムの差し色として、小物で色を取り入れたいと思っています。今履いているミントブルーのパンプスもお気に入り。ソックスとのコーディネートで今年らしく着こなしたいですね。『履き心地』と『デザイン性』が両立している『benebis』は、この春大活躍しそうです」。

IMG_3139_edited

「benebis」は、すべての女性の足に“気持ちいい”を届けるため、誕生から26年間「履き心地」にこだわった靴を提供してきました。今年に入り「やっと出会えた履き心地」をキャッチコピーに、より履き心地にこだわった商品を消費者に届けています。春は多彩なパンプスをラインアップ。中でも注目は、今回ゲストの2人も履いていた本革ポインテッドハイヒールパンプスです。足にやさしい立体中敷や足裏に動きに合わせてしなるソール、足幅によって選べる2種のワイズなど、履き心地を第一に考えた設計になっています。感動の履き心地をぜひ試してみてください。

お問い合わせ先:
ベルメゾンコールセンター
0120-10-100(受け付け時間9~21時)