15.08.18(Tue)

モーガン・フリーマン元妻の孫娘、悪魔払いの儀式で刺殺?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エディーナ・ハインズ&モーガン・フリーマン

 俳優のモーガン・フリーマン(Morgan Freeman, 78)の元妻の孫娘エディーナ・ハインズ(E’Dena Hinesm, 33)が、悪魔払いの儀式で殺害された可能性が伝えられている。

 女優として活動していたエディーナは16日午前3時、ニューヨーク市の自宅の外で意識不明の状態で発見された。搬送先の病院で死亡が宣告され、犯人はエクソシズムの儀式をやろうとしていた30歳の元恋人だと報じられている。

 ワシントン・ハイツの自宅窓から現場を目撃したジョージ・ヒュダッコ(George Hudacko)は、犯人が「悪魔よ、出ていけ! 悪魔よ、お前たちを追放する! イエス・キリストの名において追放する!」と大声を上げるのを聞いたと米The New York Post紙に証言している。「女性は叫び声を上げ、激しく騒いでいた。何か光るものが上下に動くのが見えた。110番して、警官の到着を今か今かと待ちわびていた」

 元恋人はエディーナが悲鳴を上げるのをやめ、ぐったりと動かなくなった後も繰り返し胴体を刺していたという。元恋人は警官隊が駆けつけた後もエディーナに向かって叫んでいたようだ。

 エディーナはモーガンの最初の妻ジャネット・アデーア・ブラッドショー(Jeanette Adair Bradshaw)の孫娘にあたる。血縁関係にはないが、モーガンは何度もエディーナを連れてレッドカーペットに登場したことがある。

 事件の数時間後、モーガンは声明を出して家族の死を悼んだ。

 「世界は彼女の芸術的才能を、彼女の可能性を知るチャンスを永遠に失った」とモーガンは語ったと米People誌は伝えている。「友人と遺族は、人として彼女を知ることができて幸運だった。これからも私たちの心、想い、そして祈りの中で輝き続ける。安らかに眠らんことを」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。