15.05.02(Sat)

リアーナ、「プーマ」のための初広告写真シュートが公開!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リアーナfor「プーマ」

昨年12月に独スポーツ用品メーカー「プーマ」(Puma)のウィメンズクリエティブディレクター兼グローバル・アンバサダーに就任した米人気歌手のリアーナ(Rihanna)。

そのリアーナにとって同ブランドのための初広告となる広告写真が、「プーマ」によって昨日木曜日にインスタグラム上で公開された。

その写真の中で、リアーナは、タイトなパターン模様のスパンデックスのレッギングと長袖のクロップトップに、ウェストにもう1枚トップを巻いた姿で美しい身体を見せつけ、巻き毛の頭髪の上にバイザーを載せてルックを完成させている。

「何もかもこなすアイコンには、彼女についていける靴が必要だ。Pulse XT登場」と、プーマはその写真にキャプションをつけている。

「プーマ」とのコラボ以前にも、リアーナは英ファッションブランドの「リバーアイランド」(River Island)や化粧品の「MAC」とのコラボで自身のデザインを世に出しており、今回の「プーマ」とのコラボでも並々ならぬ熱意を示していた。

「わたしはデザインすることが大好きなの。これまでも、ずっとね。わたしのデザインとプーマの間のコラボは、言わば結婚、そこからどんな思いがけない結果が生まれるか、そこに一番期待している。これは赤ちゃんを産むみたいなことで、別々のふたつのものが出会い、それが新たな生命に突然なっていく。まさしく、生命よ!」と、リアーナは昨年12月のプーマのクリエイティブディレクター就任時にファッション業界紙WWDに対して語っていた。

「リバーアイランドでコレクションをさせてもらった時には、一からアイデアを考えて、それが形になることを経験させてもらった。そこから、より大きな挑戦に挑みたいという気持ちになった。MACとのコラボでは、パッケージングから素材選びまでもさせてもらえて、これも素晴らしい経験になった。美しいものをわたしは愛しているから、化粧品の色選びとか、形を考えて創りだすのにも、絵を描くように遊び心を発揮したいの。MACの時と同じ心構えで、プーマとの仕事にも臨むつもり」

プーマのトップであるCEO(最高経営責任者)のビョルン・グルデン(Bjørn Gulden)も、リアーナに大きな期待を寄せていることを当時語っていた。

「リアーナはデザイン心と創造性を豊かに持ち合わせ、それを彼女が表現するのを見ることは大きな喜びです。もの凄いエネルギーを、すでにこのコラボにもたらしてくれています」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。