カナウ

2021.06.26(Sat)

血液型×12星座|これからが本番!30代以降にもっとモテる人ランキング

学生時代と社会人になってからの“モテ像”は違うもの。

年齢が若いうちは、ルックスがよければモテますが、年齢を重ねるほど、中身が伴った人のほうが、男女ともにモテる傾向にありますよね。

今回は、そういった意味で30代以降にもっとモテるタイプとして、血液型と星座から分析をしてみました。

「自分はモテない」と思っている人から、気になるあの人の魅力を図りたい人まで、ぜひ参考にしてみてくださいね。


第1位:牡牛座×A型

牡羊座は穏やかで誠実で強い意志を持ったタイプ。
道徳観が強く平和な生活を好む傾向です。A型も人が良く平穏なものを好むタイプが多いため、年齢を重ねるほど結婚向きの人が多いでしょう。
若い頃は経験が浅く、友達や恋人など、何かと人に依存しがちな傾向があるため、やや頼りがいに欠ける人が多いかもしれません。
しかし、30代以降にもなれば社会経験を重ねており、考え方も成熟することから、まさに結婚にふさわしいタイプとして魅力を感じる人が多いでしょう。
仕事に対しても誠実ながら、誰よりも早く片づけられるスキルを持っている人が多いため、尊敬もされやすいです。
されど、せかせかしている感じはまったく見受けられず、落ち着いた雰囲気が周囲を和ませます。
頼りがいを感じさせ、親しみやすいことから年上年下かかわらず、好印象を抱かせるでしょう。

第2位:蟹座×O型

蟹座は母性本能と正義感が強く、困った人を見ると放っておけない人が多いでしょう。
情が深いことから、周囲から「いい人」と思われることも多いです。
O型も穏やかでのんびりとした印象が際立ちますが、意外と冷静で細かいことは気にならない大雑把な一面もあります。
どんな人とも分け隔てなく接することができることから、敵が少ないタイプになるでしょう。
コミュニケーションの取り方も上手で、相手との距離感をしっかりと保ったまま関係を築けます。
30代にもなれば立派なひとりの大人です。
考え方や個性が成熟していることから恋愛が面倒に感じられる人も多いなかで、彼らのようなタイプは大人になっても大いに恋愛が楽しめるでしょう。
おおらかで寛容な人柄と雰囲気が異性のハートをキャッチさせ、もっと仲良くなりたいと感じさせる人が多いです。

第3位:山羊座×A型

山羊座はとにかく真面目で、地道な努力を厭わないタイプです。
逆境でもめげない忍耐力がありますが、大器晩成型なので若いうちはなかなか芽が出ない人も少なくないでしょう。
しかし、真面目で常識人で危険な橋を渡らないA型と組み合わさることで、結果は遠巻きながら必ず出ます。
30代以降となって、仕事で成功をしたり、高収入を得たりしている人も多いでしょう。
真面目さが過ぎることで面白みには欠けますが、結婚ともなれば落ち着いた生活を送りたい人がほとんど。
仕事はしっかりとでき、自分にも他人にも厳しいタイプの彼らですが、逆をいえば特に男性の場合、結婚後、家族が路頭に迷うリスクは低めです。
付き合うタイプによっては、真面目な彼らを和ませ、明るい結婚生活を送ることが大いに可能です。

おわりに

特に男性にとっては、30代は脂がいい感じに乗った年齢でしょう。
結婚を現実的に考えられる年齢ということで、異性の見方も変わってくると思います。
逆に「30代以降でモテたい」と考えている人がいたら、ぜひそれぞれのタイプを参考にしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)
Photo by Gallila-Photo
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
あなたは何座?誕生日でわかる12星座早見表と12星座の性格・相性(Spicomi)
https://spicomi.net/media/articles/297

OTHER ARTICLES

2021.07.27(Tue)

わたしはキープ?本命?「キープされているな」と思う男性の行動
カナウ

2021.07.27(Tue)

12星座別|8月の恋愛運!
カナウ

2021.07.26(Mon)

もういいや……男性が「突き放された」ように感じる彼女の行動4選
カナウ

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO

2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial