15.07.31(Fri)

今夜見られる! 今年は流れ星&国際宇宙ステーションの「奇跡のコラボ」に期待

MY LOHAS

MY LOHAS

30代40代の女性へ向けて「ロハス」をテーマにナチュラルで上質な暮らしを提案。心まで豊かにするライフスタイル情報をお届け.

150727star

7月ももう下旬。そろそろ、1年間で最も多く流れ星が見られるシーズンの到来です。さらに今年は、流れ星のように輝きながら天空を横切る国際宇宙ステーションとの、奇跡のコラボが見られるチャンスでもあります。

まず注目したいのは「みずがめ座δ流星群」。7月28日(火)にピークをむかえ、8月19日(水)ごろまで活動します。どの方角にも現れる予定です。加えて、7月31日(金)にピークをむかえ、8月15日(土)ごろまで活動される「やぎ座α流星群」もあります。

とはいえ7月31日(木)は満月です。国際宇宙ステーションはとても明るく見えるので満月が出ていても大丈夫ですが、流星は残念ながら見えずらくなります。でも国際宇宙ステーションが横切る予定の20:34ごろの月は南東付近。国際宇宙ステーションは逆の北西付近に出現予定なので、月を背に、街明かりに邪魔されない環境で北西付近を眺めていると、流れ星とのコラボが見られる可能性はあるそうです。