15.07.17(Fri)

「コカ・コーラ」ボトル100周年。世界的アートの数々が六本木に集結!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

はじける炭酸とさわやかなテイストで、世界中の人々を魅了し続けている「コカ・コーラ」。これまで数多くのアーティストやデザイナーに影響を与えてきた、ガラス製のボトル“コンツアーボトル”が、誕生100周年を迎えます。それを記念して、「コカ・コーラ」ボトルからインスピレーションを得た、貴重なアート作品が一堂に会する展覧会「コカ・コーラ ボトルアートツアー」が世界13ヵ国・15都市で開催されます。アジア初の開催地として選ばれたのは日本。東京・六本木のテレビ朝日umuを会場に7月19日(日)から7月24日(金)まで開催されます。その模様を一足早くレポート!

1DSC_5621

1915年、「暗闇で触って地面で砕け散っていても『コカ・コーラ』のボトルだとわかるもの」をコンセプトに開発されたのがコンツアーボトルです。エントランスにも象徴的にディスプレイされています。

1DSC_5591

1DSC_5650

上の写真は、ポップアートの生みの親アンディ・ウォーホルの作品。その他、ノーマン・ロックウェルやクライヴ・バーカーらによる作品20点以上が展示されています。絵画やオブジェなど、幅広い作品群は見応えたっぷり。巨匠たちの作品を間近で観れる貴重なチャンス!

1DSC_5595

日本独自のコンテンツとしては、7月20日(月・祝)に日本で初めて導入されるアルミ製の「コカ・コーラ」スリムボトルをモチーフにした「アートスリムボトル」を初披露。「MIHARA YASUHIRO」デザイナーの三原康裕さん、フラワーアーティストのニコライ・バーグマン、L’Arc~en~Ciel/VAPMSのhydeら、各界で活躍中のアーティストやクリエイターによる作品を見ることができます。それぞれのセンスが光る作品は、必見です。

1_Z3A9351

さらに、会場では体験型デジタルコンテンツ「Coke & Me」を用意。「コカ・コーラ」の広告と同じデザインのビジュアルをその場で作成。マリリン・モンローやエルヴィス・プレスリーらセレブリティたちのビジュアルとともに、会場のモニターに映し出されます。まるで、歴史の1ページに刻まれたような感覚に。

世界的なアートとともに「コカ・コーラ」ボトルの過去・現在・未来を体感できる6日間だけの貴重な機会。ひんやりとした感触が心地よい「コカ・コーラ」スリムボトルを手に、その世界観を堪能してみては。

「コカ・コーラ ボトルアートツアー」
期間:7月19日(日)~7月24日(金)11:00~19:00
場所:テレビ朝日umu(東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日1F)
入場:無料

「コカ・コーラ」公式サイト≫