15.08.12(Wed)

リンジー・ローハン、ハリウッドの内幕をさらす暴露本を計画中!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リンジー・ローハン

 お騒がせセレブのリンジー・ローハン(Lindsay Lohan, 29)が、自伝本の中で「人を食い物にするハリウッド」を暴露するつもりではないかとささやかれている。

 リンジーは何度も刑務所やリハビリ施設ですごすなど、波乱万丈の人生を送ってきた。しかし舞台「スピード・ザ・プロウ」に出演するためロンドンに移住してからは、私生活と仕事の両方を立て直しており、ようやく自伝本を書くのに良いタイミングがやってきたと感じているようだ。

 「人を食い物にするハリウッドで少女時代をすごした時に経験したことも含め、すべてをぶちまけたいと思っているのよ」とある事情通がゴシップサイト「Radar Online」で明かした。「仲間や仕事、恋愛、ドラッグ、パーティー、波乱万丈の経験、そしてウソに関する真実を、自分の言葉で語りたいんだわ」

 リンジーの母ディナ(Dina)と父マイケル(Michael)は2007年に散々もめた後で離婚しており、リンジーとマイケルの関係もトラブルだらけだ。マイケルは以前、こっそり録音した会話を暴露したことがあり、この中でディナはリンジーが俳優の故ヒース・レジャー(Heath Ledger)と彼が亡くなった2008年頃に付き合っていることを認めている。また別の会話では、取り乱して泣き出したリンジーが自分は誰にも愛されていないとわめく模様も録音されている。

 さらに、昨年はリンジーが過去に関係を持った男性の名前をリストアップしたものが流出。リハビリ治療の一環で彼女が書き出したものだと言われているが、第三者が見つけて売り渡したとされる。リンジーはこの件がきっかけで自伝本を書くことを決めたと言われている。

 「よみがえった過去に苦しめられていて、流出したことについては自分がどうすることもできなかった」と事情通は話している。「ここへ来て、彼女はすべてを暴露することで人生の再スタートを切りたがっているわ」

 リンジーが本を書くという噂は昨年に初めて広まったが、彼女は暴露本ではなく、ポジティブなことに集中するものになると力説していた。

 「誰かを傷つけたり、モノ扱いしたりする気はないわ。そんなつもりはない。ある意味セラピーになるから書きたいの。写真やクールなこともたくさん入れたい。言いたいことはたくさんあるから、『ハリー・ポッター』みたいな三部作になりそう」と彼女は英The Daily Mail紙オンライン版で語っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。