15.08.10(Mon)

スパイス・ガールズ、再結成してワールドツアーを計画中?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

スパイス・ガールズ

 スパイス・ガールズ(Spice Girls)が、再結成に向けて準備を進めているようだ。

 90年代に世界中で人気を誇ったスパイス・ガールズは、その後のガールズグループの道を開いたが、来年にカムバックしてワールドツアーを敢行するとみられている。

 「ジンジャー」スパイスのジェリ・ハリウェル(Geri Halliwell)、「ベイビー」スパイスのエマ・バントン(Emma Bunton)、「スケアリー」スパイスのメル・B(Mel B)、「スポーティー」スパイスのメル・C(Mel C)らが来年、ヒット曲「ワナビー」のリリース20周年を記念する大規模ツアーを計画していると英The Sun紙が伝えた。

 しかし最も有名なメンバーで、現在はファッションデザイナーとして大成功を収めている「ポッシュ」スパイスのヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)は参加しないとみられている。

 「スパイス・ガールズの再結成を望む声は大きく、特に来年の夏にファーストリリースの20周年を控え、当時を懐かしむ機運が高まっていることもある」とある事情通はコメントした。「メル・Bは先月、ロンドンを訪れて、他3人のメンバーとの計画に極秘で同意した。再結成で1人につき1,000万ポンド(約19億2,400万円)以上は受け取るだろう」

 スパイス・ガールズは2012年のロンドン五輪の際に再結成し、ファンを熱狂させた。2007年と2008年にも短期間だけ再結成してツアーを敢行し、アメリカ、カナダ、ヨーロッパでステージに立った。ヴィクトリアもその両方に参加していた。

 「ヴィクトリアはみんなの成功を願っている。再結成が検討中だと知っているが、今回は参加を辞退した」

 「自分のファッションブランドの運営で多忙を極めていて、子育てもあることから、ステージ復帰の余裕はない」と事情通は力説した。「オリンピックのステージで最高の記憶を残しただけに、再結成でその遺産に傷がつくと心配しているんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。