15.07.07(Tue)

今するべき旅は「デジタルデトックス」の旅

KANA

KANA トラベルフォトライター/エディター

1か国に1か月ずつ暮らす旅をするトラベルフォトライター。「お金のかからないオシャレ旅」を提案。地図片手に世界を歩き回り、ガイドブックには載っていないHOTな場所を記事やブログで発信。

いよいよ夏が到来!サマーバケーションはどこのデスティネーションへ出かける予定ですか?きっとどの旅先に行っても、楽しい旅にはなるはず。そこで今回提案したいのは、「デジタルデトックス」を意識した、電子機器から開放される旅。

 

現代はいつどこに行っても携帯を肌身離さず、気が付けば常に液晶画面に張り付いている日々。まさに依存症というほかありません。貴重な旅の時間も、カメラを開いたついでについLINEチェック……なんてことありませんか?

 

そこで今回は、デジタル機器を手放すことで得られる、真の旅の醍醐味をご紹介します。

 

image01

1 携帯を機内モードに!!

まず、旅に出発したその瞬間からiPhoneやスマホを機内モードにしましょう。これでメールや電話に囚われることがなくなります。いざ携帯を手放してみると普段どれだけの時間を携帯に費やしていたかに愕然とするでしょう。

 

2  あえて紙の地図を片手に歩き回る

機内モードにしたことで、ウェブ上のマップが使えなくなりますね。それで良いのです。あえて紙の地図を持ちましょう。筆者は、地図を片手に言葉も通じない世界の街を歩き回っていますが、行先を決めずに直観で歩くことにより、思いがけず心動かされる素敵な場所にたくさん出会うことができました。今ではガイドブックには載っていない、お気に入りの秘密の場所が世界中にあります。

 

3 カメラも思い切って手放す

できればカメラも手放してみましょう。写真に残してみたい気持ちはよくわかります。しかし、カメラに収めようとしているばかりに、実際に自分の目で景色を見ることをおろそかにしていませんか?もし写真を撮りたいのなら、ささっと撮って、後は自分の五感を使い目に見える景色の細かいところまで意識を向けてみましょう。きっと何かしらの発見があるはず。

 

image00

「答え合わせの旅」から「感じる」旅へ

まとめると、デジタル機器を手放し心身を解放することにより、五感をフル活用し「感じる」旅ができるようになります。有名観光地をリスト消去のように慌ただしくまわるのではなく、その土地の人々の暮らしや文化、自然の愛しさなどにも目を向ければ、感性が豊かになりますね。

 

少し立ち止まって、「自分は今何を考え、どんな心境なのか」と心の奥深くに問い、自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか?こんな時間こそ、旅の醍醐味だと思います。

ヨガやスパで一時的にで浄化しても、すぐに機械をいじれば感覚がもどってしまいます。次の旅では、思い切って旅中ずっと電子機器を手放してみましょう!! Bon Voyage!!

 

世界を飛び回るトラベルライターKANAのお洒落旅BLOG
「HOTな海外オシャレ旅LIFE」
Instagram @xxxkanaaaa (世界の街で切り取った写真を発信中)