カナウ
カナウ

2021.02.11(Thu)

【数秘術で占う】2021年のバレンタインの恋愛運

皆さまこんにちは。心理占いカウンセラーの澪です。
もうすぐバレンタインですね。バレンタインは、気になる人と急接近できるチャンスでもあります。

そこで今回は、数秘術を使った「2021年のバレンタインの恋愛運」お伝えしていきたいと思います。

運命数とは、カバラ数秘術のもと生年月日から計算し、導き出すことができる、個人が生まれ持った「運命の数字」のことです。

カバラ数秘術の発祥は古代ユダヤとされている占い術のひとつで、今も昔も占い方に変わりがないことが特徴です。

運命数からはその人の性質や性格だけではなく、どんな運命なのかも知ることができます。

運命数の計算方法

生年月日の中にある数を全てバラバラにし、1~9の一桁になるまで足してください。
【運命数の計算例題】
1992年2月16日生まれの人の運命数を計算するとき1+9+9+2+2+1+6=30
30をさらに一桁まで足します。3+0=3
運命数は3となります。

運命数1

運命数1の人のバレンタイン付近の恋愛運は、とても良いでしょう。
気になる人にサプライズで贈り物をすると好感度があがりますよ。
バレンタイン中に会えない……という方は、ネットで送れるギフトなどでもいいかもしれません。

運命数2

運命数2の人のバレンタイン付近の恋愛運は、低いところを停滞気味です。
むしろ、気になる人はいないという人が多いのではないでしょうか。
今年はあまり運気自体がよくないので、気持ちが上がらないという日が多いかもしれません。
自分の好きなことをして過ごしてください。

運命数3

運命数3の人のバレンタイン付近の恋愛運はそこそこ……というところ。
出会い運がないので、仲の良い友達とお菓子の交換などをして盛り上がると良いでしょう。
友達の中に気になる人がいる場合は、少し気持ちが近づく予感です。

運命数4

運命数4の人のバレンタイン付近の恋愛運は、ほぼなし……かもです。
気になる人からの連絡もなく、こちらからするのもあまり良いともいえません。
逆に、興味のない人から連絡がきてモヤモヤしてしまうかも。

運命数5

運命数5の人のバレンタイン付近の恋愛運は、良好です!
気になる人からデートのお誘いがあるかもしれません。自分からも誘ってもいいと思います。
プレゼントは、そこそこ良い物がおすすめですね。お返しに良いものがもらえるかも。

運命数6

運命数6の人のバレンタイン付近の恋愛運はあると言えますが問題が1つ。メンタル的に恋愛を楽しむことができないかも……。
男性からお誘いやアピールをされるモテ運があるのに、体の不調が気になるところです。
無理して恋愛をする必要はないと思いますよ。

運命数7

運命数7の人のバレンタイン付近の恋愛運は、そこそこあります。
しかし、自分から動かないと恋愛は成就しません。
チョコレートを直接上げるのが困難な場合は「あげたかったな」という言葉を投げかけてみてください。
相手が自分のことを気にしてくれるようになるでしょう。

運命数8

運命数8の人のバレンタイン付近の恋愛運は、あまりよくありません。
というより、仕事やプライベートが忙しくて「バレンタインとは?」となってしまうかも。
今年のバレンタインは頑張った自分にご褒美あげてください。

運命数9

運命数9の人のバレンタイン付近の恋愛運は、絶好調です。
気になる相手から「チョコくれないの?」なんて言われてしまうかも。
相手からアピールされても、舞い上がってしまわないように気を付けてくださいね。

おわりに

運命数は年によって運命に変化がおきますが、根本は変わりません。
決められた運命を大事にすることが良いでしょう。
良いことがあっても、悪いことがあっても、落ち着いて心に従うのが一番ですよ。
(澪/ライター)

OTHER ARTICLES

2021.03.01(Mon)

アラサー以降は注意!? 恋をすると時間を無駄にする男の特長
カナウ
カナウ

2021.02.28(Sun)

12星座別|3月の恋愛運ランキング
カナウ
カナウ

2021.02.06(Sat)

【12星座別 2/7~2/13の運勢】水瓶座新月が与える気づき
カナウ
カナウ

RECOMMEND

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial
GLAM Editorial