正しい背中ケア知っていますか?肌見せ前に、魅せ肌準備!

正しい背中ケア知っていますか?肌見せ前に、魅せ肌準備!今年も肌見せファッションの人気は続行中!バックコンシャスな背中見せファッションを楽しむなら、思わず触れたくなるような素肌で着こなしたいもの。あっという間に訪れる夏に備えて、今からなめらか背中の準備を始めませんか。

今年もバックコンシャスアイテムが豊作!魅せ肌で着こなすSTYLE HINT

オフィスコーデに欠かせないホワイトシャツやホワイトブラウス。今年らしい抜き襟シャツや背中見せのデザインを選べば、一見コンサバティブでありながら、後ろ姿がぐっと軽やかでこなれた印象に。トップスはボトムスにインしてすっきり着こなすのがポイント。仕事の後の急なお誘いも、自信を持って楽しめそう!

週末の彼とのデートは、ファッションにもビューティにも自然と気合が入るもの。彼をドキドキさせたくて、いつもより背中の開いたアイテムに挑戦。腰まで差し掛かる肌見せも、シンプル且つシルエットの美しいデザイン、そして上質なコットンリネン素材を選べば、品の良さもばっちりキープ。愛らしいピンクで、女性らしさを120%演出します。

南の島へのバケーションや、ホテルのラグジュアリーなプールなど、バカンス気分を楽しむのならSNS映えするアイテムをセレクトするのがマストです。今年はスイムウェアもバックコンシャスなデザイン一択。大胆なデザインこそ、気負いすぎずに大人の余裕を持って着こなして。開放的な空気に馴染みます。

魅せ肌ファッションを楽しむその前に!正しく背中ケアできていますか?「トレンドの背中見せや、夏の肌見せファッションを楽しみたいけど、自分の背中に自信が無い」…と、ブツブツした肌に悩んでいませんか?なかなか治らないブツブツは、対処方法や生活習慣を見直した方が良いかも。ひとつでも当てはまる人は、要注意または要改善です!

Check List

美容皮膚科医が教える!正しい背中の美肌ケア

ウィズエイジングクリニック新宿 上野美律先生大学病院にて形成外科、都内美容外科、皮膚科を経て、都内や札幌の有名クリニックの院長を歴任。2019年 ウィズエイジングクリニック新宿 美容皮膚科部門 院長 就任。

背中のブツブツの原因には、人それぞれ、さまざまな理由が。上野先生:「背中のブツブツにも種類がありますが、原因のひとつは細菌です。ニキビの原因菌であるアクネ菌などが原因となり、それらと他の外部要因や体調によって症状が発症、悪化することがあります。実は背中と前胸部の真ん中が、身体の中で一番皮脂量が高い部位。皮脂が多いことで、毛穴で皮脂が乾燥すると角栓となり、触るとブツブツした感触に。ニキビができた場合には、炎症が起こると毛穴が赤く腫れてしまったり、化膿して白くブツブツしたりします。」

殺菌ケアを習慣づけて、ブツブツを悪化させないことが大切!上野先生:「勘違いされやすいのですが、入浴時の洗いすぎは厳禁。皮脂を取ろうとしてこすり洗いをしてしまったり、洗いすぎると、皮膚の乾燥が進んでしまいます。また、衣服による摩擦によって、皮膚の乾燥が進んでいることも。摩擦による刺激や乾燥は、ニキビの大敵。入浴後の保湿ケアや、ブツブツを悪化させない殺菌ケアを習慣づけ、むやみに触れずに刺激を与えないことが大切です。悪化してしまった背中のニキビ、毛嚢炎に関しては、クリニックでは外用薬や内服薬の処方、自費診療を取り入れる場合は、ケミカルピーリングやビタミンCのイオン導入を行う事が多いです。長い間炎症がある状態が続くと、炎症性色素沈着の原因となったり、赤く瘢痕が残る場合がありますので、その場合は早めに医療機関を受診されてくださいね。」

夏に向けて始めたいすべすべ習慣 背中ケアにはセナキュアのススメ!

抜き襟シャツ、オフショルダー、スイムウェア…これから背中見せの本格シーズンが到来!なめらかなお肌づくりには、迷わず「セナキュア」。セナキュアの3つの作用が、背中のブツブツニキビにはたらきかけます。

point01「殺菌作用」サリチル酸が角質をやわらかくし、毛穴のつまりを除去。さらにエタノールとサリチル酸によって原因菌を殺菌し、
すべすべ素肌に導きます。point02「赤み改善作用」皮ふ修復作用のあるアラントインが、ブツブツの赤み・炎症を鎮めます。point03「組織修復作用」ブツブツの赤み・炎症を鎮めた後、なめらかな素肌へと改善します。

「セナキュア」は背中以外にも、デコルテなど全身に使用可能。広範囲噴射スプレーを採用しており、逆さまに持ってもスプレーできるので、届きにくい背中をしっかりケアできるのが嬉しいポイント。1日2回(朝、晩)を目安に、継続したケアがオススメです。背中のブツブツに悩む人は、ぜひ背中ケアの習慣に加えてみてくださいね。

背中・デコルテなどのブツブツ治療薬セナキュア第2類医薬品、効果・効能:にきび

ブランドサイトはこちら

アンケート

情報提供元 / 小林製薬株式会社
企画・制作 / モードメディア・ジャパン株式会社