これが最後の恋になるかも。ホテルディナーで彼にグッと近づけるその理由

付き合い始めて3カ月目を迎えた32歳、総合職の女性。仕事も覚え、後輩からも頼られる存在に。プライベートでは、誰もがうらやむ外資系コンサルに勤める彼を射止めたばかり。今日は、彼が3ヶ月目の記念日にホテルディナーを予約してくれた。この先もいい関係でいたい、もちろん結婚も視野に。そんな彼女の隠れたエチケットをここで紹介する。

金曜夜の記念日デート。準備を整えたら、待ち合わせ場所へ。愛沢 美希さん ( 32歳 )神奈川県出身。大学卒業後に大手化粧品メーカーに就職。最近はまっているのは、ヨガ。1年前から目黒にて一人暮らしをスタート。彼とは友人主催の合コンで出会い、付き合い出して3か月。だいたいお互いの生活ペースもわかり、コミュニケーションもスムーズに。今日は話題の三ツ星レストランで、記念日のディナーを共にする待ちに待った夜。仕事を終えたら、オフィスのトイレで準備を。服装やメイクを直し、耳元には大ぶりのピアスをプラス。これで華やかな雰囲気がグッと盛り上がる。ポーチの中に、食後のお口のケアにマストな”あのアイテム”も入っていると、ちゃんと確認。

美味しい料理とお酒がふたりの距離を縮めて、ロマンティックな夜が始まる。ずっと行きたいと思っていた三ツ星イタリアンでのメニュー選び。一緒にいる日々が長くなるごとに、自然とふたりの好みが合ってきたみたい…そんな小さなことでも嬉しく感じる。特別な夜でも気合いを入れるのはちょっと照れくさい。緊張が解けた彼とだから、どんな料理でもニオイを気にせず、我慢しないで食べてしまおう。「美味しいものを食べているときの笑顔が最高に素敵だね」と彼。いつもより親密な空気が流れる今宵のディナー、変に気取らず自然体でいてよかったなと実感。

ふたりの大切な記念日をさらに特別な夜にするためのエチケット「2軒目も行くでしょ」と、ホテル最上階のバーへ誘われる。ちょっとドキドキするけれど、なんとなくその言葉を待っていた気がする。レストランを出る前にパウダールームでメイク直しと、ポーチに忍ばせていたブレスケアで、お口のニオイをしっかりとリフレッシュ。以前、合コンの時に、社内でもかわいいと評判の後輩から聞いたブレスケアの噛むタイプ。すぐにお腹に届いて、口からふわっと香る爽やかな香りがお気に入りでそれ以来、ずっと愛用している。いろいろな料理を食べた後に、息リフレッシュできるから、これで準備は万端。大人の女性の身だしなみとして、食事後のお口のエチケットはマスト。いつまでも愛される女性でいるために。

カウンターで隣に座るシーンでも自信を持って接近できる。バーではカウンターで横並びに座り、顔もグッと至近距離に。さっき噛むブレスケアで爽やかな息になったから、余計な心配もなく思いっきりふたりの時間を楽しめるはず。手軽に吐息のケアができる噛むブレスケアは、私の必需品。今宵の話題は、「時期を合わせて一緒にどこに行こうか?」と提案された夏休みの旅先について。ハワイから新たなホテルが上陸する沖縄や、バリ島のリゾートホテルの話で盛り上がり、時間が経つのを忘れてしまう。

リラックスできてついついお酒も進み、より彼と親密な空気に。明日はお休みの特別な夜、時間を気にしなくていいワクワクとした気分が高まって、さらに胸を躍らせてくれる。特別な人と過ごす、特別な時間…まだまだふたりの夜は終わらない。

彼との関係をワンランクUPさせて特別な彼女にしてくれたのが「噛むブレスケア」。「噛むブレスケア」は1~2粒、噛んだ瞬間に食事後の気になる息のニオイをリフレッシュできる。ニオイが気になるときには2~3粒をカリッと噛むのがおすすめ。清涼成分のメントールやパセリオイルなどが口の中に広がった後、お腹までスーッと感が届いてすっきり爽やかに。ポーチに入るコンパクトサイズなので、ミニバッグの日でもかさばらず、携帯しやすいのも女性にとってポイント高し。ガーリックの強い食事だけでなく、ランチでよく食べるカレーなど、ちょっとお口がもやっとする料理の後にもオススメ。

ブレスケアブランドサイトはこちら

情報提供元 / 小林製薬株式会社
撮影協力 / マスターウォール銀座
企画・制作 / モードメディア・ジャパン株式会社