15.11.05(Thu)

シャイア・ラブーフ、少年時代からの逮捕歴について心境を激白!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

シャイア・ラブーフ

 『トランスフォーマー』などで知られる俳優のシャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf, 29)が、新しいエッセーで繰り返し逮捕された経験を赤裸々に語っている。

 これまでに6度の逮捕歴があるシャイアは、刑務所で受刑者が作ったラーメンのレシピ本というユニークな内容の「Prison Ramen」という新著に「Error Breeds Sense」(過ちで正気は養われる)というタイトルのエッセーを寄稿。警察沙汰を起こしたおかげで視点が広がったと語っている。

 「自分の創造性に不安を抱えた時に考えるのは、人生と芸術における失敗だ」とシャイアは米People誌が掲載した抜粋部分で語っている。「失敗したことを考えると、恐怖が薄らいでいく。ドジを踏んで復活するのは解放感がある」

 シャイアは9歳の時にナイキ・コルテッツを盗んで初めて逮捕され、6時間拘束された経験も率直に語っている。11歳の時に「ポケモン」のゲームボーイを盗んだのが2度目で、警察の分署で約6時間をすごしたという。

 少年時代にこうした経験をしながらも、シャイアが逮捕の影響を本当に理解するにはさらに年月が必要だった。

 「3度目は20歳の時で、カリフォルニア州ヴァンナイズだった」とシャイアは振り返った。「隣人を刺そうとして、留置場で2日間をすごした。その時、少なくともムショにはいるべきじゃないと理解した。最悪の経験だった」

 しかしすべての経験が不快だったわけでもない。4度目はシカゴ市内のドラッグストアチェーン「ウォルグリーン」の店舗から立ち去ることを拒否したことによる逮捕で、1晩を留置場ですごしたという。

 「最高の睡眠だった」とシャイアは認めている。

 さらにシャイアは最近の逮捕についても触れ、昨年にブロードウェイ・ミュージカル「キャバレー」を観劇中に警察に逮捕されたことを振り返った。

 「一番最近だと2014年のニューヨークで、28歳だった」とシャイア。「『キャバレー』の舞台を観に行った。公演中に邪魔をして、25時間も塀の中ですごした」

 またシャイアは10月、テキサス州オースティンで逮捕され、公共の場で泥酔した軽犯罪法違反の容疑がかけられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。