GLAM Editorial

2022.11.20(Sun)

海外のおすすめリゾートBEST10!おすすめポイントも紹介♪

PR

PR

 

「日常を忘れて、海外でリゾートライフを送りたい!」と思っている方もいるでしょう。一方で、海外にはリゾート地が多くあり、どこに行けばわからない方も多いはず。

 

そこでこの記事では、海外旅行好きのライターが、おすすめの海外リゾート地をランキング形式で10個厳選しました!

 

それぞれのリゾート地の特徴やおすすめの方などを紹介しているので、海外のリゾート旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1位 グアム/アメリカ

© グアム政府観光局

 

日本から3時間半で行ける、アメリカンリゾートのグアム。日本からもっとも近いアメリカ領として、日本人から人気の高いリゾート地です。

 

グアムには、誰でも利用できる「公共ビーチ」が豊富です。タモンエリアにある定番公共ビーチ「タモンビーチ」のほか、シュノーケリングを楽しめる「イパオビーチ」や、グアム最北端にある「リティディアン・ビーチ」などが有名です。

 

またグアムは州税(消費税)がないため、ショッピングも楽しめる国でもあります。グアム最大の免税店とも言われる「Tギャラリアグアムby DFS」のほか、観光客も賑わう地元のモール「マイクロネシア・モール」などが人気のショッピングスポットです。

 

ほかにも観光スポットには「恋人岬」や「チャモロ・ビレッジ」などがあり、グアムはビーチだけでなくショッピングや観光も楽しめます。

 

日本との時差も1時間しなく、忙しい社会人でも手頃にリゾート地を楽しみたい方にはグアムがおすすめです!

 

日本からの飛行時間3時間半~
直行便の有無あり
時差+1時間
おすすめの日程3泊4日~
気候6~10月:乾季・11~5月:雨季、1年を通して暖かい
見どころ恋人岬、チャモロ・ビレッジ、タモン・ビーチ、イパオビーチ、マイクロネシアモール、グアムミュージアム

 

参考:【2022年10月最新】グアムへの入国情報!入国制限や必要書類、入国の流れなど

2位 ハワイ(オハフ島)/アメリカ

 

リゾート地として人気の高い、アメリカンリゾートのハワイ。ハワイといえば青く綺麗な海が特徴で、ビーチでのんびり過ごしたり、マリンビーチでアクティブに楽しめたりするリゾート地です。

 

ハワイの海と言えば、定番ビーチの「ワイキキビーチ」のほか、地元民にも愛される「アラモアナ ビーチ」や、穴場ビーチの「カハラビーチ」などがあります。

 

またハワイといえば、ビーチだけでなくショッピングも旅行の楽しみの1つです。ショッピングセンターの「アラモアナセンター」や、ワイキキ中心地にある「インターナショナルマーケットプレイス」などが有名なショッピングスポットです。

 

海外旅行の経験が少なく、日本人にもなじみやすい定番リゾート地へ行きたい方には、ハワイがおすすめです。

 

日本からの飛行時間6時間半~
直行便の有無あり
時差-19時間
おすすめの日程4泊6日~
気候乾季:5~10月・雨季:11~4月、1年を通して暖かい
見どころダイヤモンドヘッド、ワイキキビーチ、KCCファーマーズマーケット、アラモアナセンター

 

3位 セブ島/フィリピン

 

日本から約5時間で行ける、アジアを代表するリゾート地がフィリピンのセブ島です。

 

フィリピンは7,000以上にもおよぶ大小の島々で形成されており、特に南部のセブ島は観光客に人気の高い場所となっています。ちなみにセブ島は「セブ本島」と「マクタン島」の2つの島が橋でつながっており、リゾート地といえば「マクタン島」を指すのが一般的です。

 

セブ島といえば、アクティビティです。特に、セブ島の最南端の街・オスロブで行われる「ジンベエザメウォッチング」では、なんと世界最大の魚ジンベエザメを対面で見られるツアーとなっています。世界的に見てもジンベエザメを近くで見られるツアーは珍しく、リゾート観光客に人気となっています。

 

またセブ島は宗教色が豊かで、フィリピン全土で有名な教会「サント・ニーニョ教会」や、探検家マゼランが建設した「マゼラン・クロス」などは、観光地としても有名です。

 

ほかにも、プライベートビーチやリゾートホテルなども豊富に揃っており、セブ島は手軽に行けるリゾート地として高い人気を誇っています。

 

日本からの飛行時間5時間~
直行便の有無あり
時差-1時間
おすすめの日程3泊4日~
気候雨季:6~10月・乾季:12~5月、1年を通して暖かい
見どころジンベエザメウォッチング、カワサンフォールズ、サント・ニーニョ教会、マゼラン・クロス

 

4位 モルディブ

 

モルディブ共和国は、インド洋上にあり、約1,200にもおよぶ小さな島々から成る国です。

 

モルディブは1つの島に1つのリゾートホテルしかないのが特徴です。1つのホテルの部屋数は50~70しかないのが一般的で、プライベート空間が充実しており、ハネムーンとしても人気の高い国でもあります。モルディブでは、周遊するというよりは、1つの島でのんびりと過ごすのは基本スタイルとなります。

 

また、モルディブのホテルには、水上コテージや水上レストランなどがついているのが一般的です。果てしなく続く青い海を眺めながら過ごすリゾート旅行は、一生忘れられない宝物となるでしょう。

 

プライベート空間が充実していて、のんびりとリゾートライフを過ごしたい方にはモルディブがおすすめです。

 

日本からの飛行時間11時間半~
直行便の有無なし
時差-4時間
おすすめの日程5泊7日~
気候雨季:5~11月、乾季:12~4月、1年を通して暖かい
見どころアーティフィシャル ビーチ マレ、フルマーレ島、フクル ミスキー、ウティーム・ガンドゥヴァル

 

5位 サイパン/アメリカ

 

日本から3時間半で行ける、アメリカ領のリゾート地がサイパンです。美しい珊瑚礁があり、豊かな自然に囲まれてたサイパンは、日本人にも人気の有名リゾート地です。

 

サイパンといえば、マリンアクティビティで人気の場所として知られています。特に、美しき無人島の「マニャガハ島」でのシュノーケリングは、リゾート観光客に人気の高いアクティビティです。サイパンは海は透明度抜群で、美しい珊瑚礁を間近で見られます。

 

ほかにもマニャガハ島では、マリンアクティビティに加え、ビーチバレーやウォールクライミングなどさまざまなアクティビティが充実しています。

 

またサイパンは、ホテルにプライベートビーチが隣接しており、のんびりと南国気分を味わえます。日本から3時間半と近く、手軽にリゾート地へ行きたい方にはサイパンがおすすめです。

 

日本からの飛行時間3時間半~
直行便の有無あり
時差+1時間
おすすめの日程3泊4日~
気候雨季:4月中旬~10月初旬、乾季:10月中旬~4月初旬、1年を通して暖かい
見どころマニャガハ島、ラストコマンドポスト、バンザイクリフ、バードアイランド

 

6位 バリ島/インドネシア

 

エキゾチックな雰囲気が漂い、神々の島ととしても知られるインドネシアのバリ島。バリ島はビーチや観光地が充実しており、さまざまな観光スポットを巡りたい方にはバリ島がぴったりです。

 

まず、バリ島といえば、豊富な数のビーチです。バリ島でもっとも有名なビーチ「クタビーチ」のほか、夕日スポットとして人気の「ダブルシックスビーチ」や、落ち着いた雰囲気の「サヌールビーチ」などがあります。

 

それぞれのビーチには特色があり、たとえば「クタビーチ」ではサーフィンを楽しむ方も多くいます。「のんびり過ごしたい」「夕日を見たい」など、目的に応じてぴったりのビーチを選べるのがバリ島ならではの魅力です。

 

またバリ島は、歴史ある寺院が観光地としても有名な場所です。人気の高い「ウルワツ寺院」や天空の寺院とも呼ばれる「ランプヤン寺院」など、観光客が観光スポットが充実しています。寺院のほかにも、クタ・レギャン地区の繁華街でショッピングを楽しむのもおすすめ。

 

ビーチや観光、ショッピングなど、1回のリゾート旅行を充実させたい方には、バリ島がぴったりです。

 

日本からの飛行時間7時間40分~
直行便の有無あり
時差+1時間
おすすめの日程3泊4日~
気候乾季:4~10月、雨季:11~3月、1年を通して暖かい
見どころウルワツ寺院、クタビーチ、タナロット寺院、テガララン・ライステラス

 

7位 ダナン/ベトナム

 

ベトナム中部に位置する港町で、リゾート地として有名な街がダナンです。ダナンはベトナムで3番目に大きな都市で、中部最大の商業都市としてリゾートホテルが充実しています。

 

ダナンのビーチといえば「ミーケビーチ」です。ダナン観光地の中心にあり、市内からタクシーなどで10分で行ける距離にあり、アクセスのよいビーチなのも魅力的です。ビーチはリゾート客で賑わい、ビーチ沿いでは屋台で食べ物や飲み物も買うことができ、リラックスしてリゾート地を堪能できます。

 

また、中部最大の商業都市として栄えるダナンは、ショッピングや観光も楽しめる場所です。地元の人の買い物・食事で賑わう「ハン市場」や「コン市場」のほか、定番観光地である「五行山」や、中部の町並みをイメージしたテーマパーク「バナヒルズ」など、ショッピングや観光スポットが充実しています。

 

リゾート地として人気上昇中のダナンは、充実したリゾートライフを送りたい方におすすめです。

 

日本からの飛行時間5時間20分~
直行便の有無あり
時差-2時間
おすすめの日程3泊4日~
気候雨季:5~10月、乾季:11~3月、雨季は涼しくて過ごしやすく乾季は暑い
見どころバナヒルズ、五行山、ダナン大聖堂、ミーケビーチ

 

8位 プーケット/タイ

タイ南部に位置するタイ最大の島で、リゾート地としても知られるのがプーケットです。プーケットには白い砂浜にエメラルドグリーンの海が広がっており、南国気分を味わえる世界有数のリゾート地です。

 

プーケットは日本からの直行便がなく、バンコクのスワンナプーム国際空港経由で行くのが一般的です。

 

プーケットといえば、豊富なアクティビティです。カヌーやダイビングなどのマリンアクティビティはもちろんのこと、寺院巡りや象乗りなど、タイならではのアクティビティを楽しめます。

 

また、プーケットの中でもっとも賑やかな「パトン・ビーチ」では、日中ではパラセーリングなどのマリンスポーツを楽しめるほか、露天やショッピングモールなどで買い物も楽しめますよ。

 

プーケットは日本人だけでなく世界からも人気なリゾート地で、リゾートホテルも充実しているのが特徴です。アクティブ派の方はリゾートライフを楽しみたい場合は、プーケットがおすすめです。

 

日本からの飛行時間9時間00分~
直行便の有無なし
時差-2時間
おすすめの日程3泊4日~
気候雨季:5~9月、乾季:10~4月、1年を通して暖かい
見どころパトン・ビーチ、ワット シャロン、ワット シャロン、ピピ島

9位 コタキナバル/マレーシア

 

マレーシアの穴場リゾートとして、密かに人気を集めるリゾート地がコタキナバルです。マレーシア東側のサバ州に位置し、首都クアラルンプールから飛行機で2時間半の距離にあります。

 

コタキナバルはビーチがそれほど多くないものの、リゾートホテルが充実しているのが特徴。リゾートホテルにはインフィニティプールやバー、遊具などがあり、カップルからファミリー層まで充実したリゾートライフを送れます。

 

コタキナバルの魅力は、豊かな自然に囲まれている点です。特に、世界遺産のキナバル自然公園(キナバル山)が有名で、コタキナバルはその玄関口となっています。キナバル自然公園を巡るツアーも組まれており、アクティビティに観光を楽しみたい方にはおすすめです。

 

日本からはあまり知られていないリゾート地なので、海外の穴場スポットに行きたい方はマレーシアのコタキナバルがおすすめです。

 

日本からの飛行時間6時間半~
直行便の有無あり
時差-1時間
おすすめの日程3泊4日~
気候乾季:2~5月、雨季:11~1月、1年中気温は高いが夜や日陰は涼しくて過ごしやすい
見どころサピ島、シティモスク、タンジュンアル・ビーチ、ウエストン村

 

10位 カンクン/メキシコ

 

メキシコの観光地といえば、世界有数のリゾート地として名高いカンクンです。カンクンはメキシコ南東部のキンタナロー州にある都市で、カリブ海沿岸のユカタン半島に位置しています。

 

カンクンの魅力といえば、やはりカリブ海沿いのビーチです。カリブ沿岸のコーラルブルーの海は世界でも屈指の透明度と美しさを誇っており、贅沢なリゾートライフを送れること間違いありません。

 

また、カンクンやその周辺には世界遺産が多いのも特徴です。マヤ文明のピラミッド「チチェン・イッツァ遺跡」を始め、国立自然保護区の「シアン・カアン」や遺跡群の「ウシュマル遺跡」など、見所がたくさんあります。

 

カンクンでは、世界遺産を巡るツアーが組まれています。ツアーでしか行けなかったり、カンクンから離れていたりする世界遺産もあるため、観光する場合はツアーを利用するのが無難です。リゾートライフのほか、自然豊かな観光名所を巡る旅をしたい方には、カンクンがおすすめです。

 

日本からの飛行時間14時間~
直行便の有無あり
時差-14時間
おすすめの日程6泊8日~
気候雨季:5~11月、乾季:12~4月、1年を通して暖かい
見どころチチェン・イッツァ遺跡、セノーテ・ドスオホス、トゥルム遺跡、コスメル島

 

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend