カナウ

2022.08.28(Sun)

夫の不倫を未然に防ぐ!普段の生活でできるテクニック

不倫をする人はする……と言われますが、そうでないタイプの人が不倫に走ってしまうパターンが存在するのも事実。

「まさか、うちの夫が!?」

という事態を避けるためには、普段からこまめに言動をチェックをするしかないのでしょうか?

今回は、夫の不倫を防ぐ「普段の生活のなかでできる工夫」を集めてみました。


インドア派・家が大好きな男性は不倫しない説

男性にとって、自宅が帰りたい場所であれば、不倫に走ってしまう危険性はかなり低くなります。
「仕事に疲れたから、早く家に帰って休みたい」
「今日はいいことがあったから、家に帰って一杯飲もう」
思考パターンがこんなふうに変われば、若くて魅力的な後輩が誘ってきても、きっぱりと断れますよね。
仕事の悩みを聞くために食事へ行くことがあったとしても、用事が済んだら一刻も早く、真っ直ぐ家へ帰ろうと思うものです。
では、帰りたいと思う家ってどんな場所でしょう?
人によってこの条件は変わってくると思いますが、人によらず変わらないポイントは、あなたが機嫌よくいることです。
「帰ったら、嫁の機嫌取らないと……」
「今日は記念日じゃないよな……」
なんて気にしながら帰る家が魅力的なはずがありません。家に着いたらまず、愛するパートナーの顔を見てホッとしたい。旦那さんがそう思う家を作りたいですね。

人間関係で攻める! 夫の不倫を予防するには?

共通の知り合いを作っておくことも、彼の不倫を予防するのに役立つひとつの手段です。できれば、旦那さんの友人、特に親友と知り合いになっておきたいですね。
不倫をしてしまいそうな状況のときや、実際に不倫をしてしまったとき、同性の友人には相談しやすいですよね。でも、彼にとって相談しやすい友人が、妻であるあなたとも知り合いだったら……?
一晩の過ちや未遂であれば、その友人が諭して不倫をやめさせてくれるかもしれません。
すでに許されない恋にどっぷりと浸かってしまっていたら、その友人があなたに教えてくれるかもしれません。
場合によっては、親しい友人に勘付かれてしまう可能性があるから、と思いとどまる一つの予防線として働いてくれるかもしれませんね。

束縛は逆効果! うるさく言い聞かせず不倫を予防

夫に不倫されないように……と思って、束縛してしまうタイプの方は要注意です。
定期的なスマホチェックや位置情報共有アプリを使うかどうかは、2人の間で話し合って決めたことならOK。
ですが、これも強要してしまうと、もともとその気がなかった男性も「もっと自由が欲しい」とよその女性に逃げてしまいたくなるかも。
それから、前科がないのに「飲み会のときは写真を送ってほしい」「一緒にいる人の名前を全部教えて」「女性が1人でもいたらダメ」など厳しく制限してしまうのも、不倫を予防したいならNG。
自由を制限する妻に対して不満がつのることで、不倫につながりうるシチュエーションに置かれたとき、「これくらいなら大丈夫」と、判断を誤ってしまうのです。
「30分だけ女性と2人きりになったって、それは不倫じゃない」なんて、言い訳がましく考えて、1〜2時間を若い女性と過ごしてしまうのです。

よそ見しない夫の育成は一日にしてならず

パートナーの不倫の心配をしながら日々を過ごすなんて、本当は嫌ですよね。でも、いつも夫にとって魅力的で、完璧な妻を演じ続けるのも無理があります。
できるところから少しずつ、よそ見をしない夫の育成をしていきたいですね!
(廣瀬伶/ライター)

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend