カナウ

2022.03.27(Sun)

もしも夫に不倫されたら?やるべきこと、絶対にやってはいけないこと

今回は、夫に不倫されたときにやるべきことと、絶対にやってはいけないことを簡単に解説していきます。

頭に血が上って冷静ではいられなくなりますよね……

念のために頭の片隅にいれていざというとき用に参考にしてみてください。

まずは、不倫されたら真っ先にやるべきこと3選をご紹介します。

 

不倫されたら真っ先にやるべきこと1.自分の気持ちを確かめる

まずは自分の気持ちを確かめましょう。
あなたは夫の不倫を許せるのでしょうか? 許せないのでしょうか? 許せないとしたらどういった結果を望むのでしょうか? 
自分自身に問いかけてみましょう。
望む結果によってとるべき行動は変わってきます。

不倫されたら真っ先にやるべきこと2.不倫の証拠を集める

不倫の証拠を突きつけたいとか慰謝料をとりたいと思うなら、不倫の証拠を集めましょう。
相手に不倫を認めさせたいだけならば、スマホのラブラブツーショット写真や、親密なやりとりだけで十分な証拠になります。
しかし、離婚や慰謝料を求める場合には、肉体関係を証明できる証拠が必要です。
ラブラブのキス写真や、手を繋いだ証拠などは、法廷では不倫とは認められないのです。
法的に不倫だと認めさせるためには、肉体関係があったことを示唆する証拠(たとえば、不倫相手の自宅に出入りしていた、ふたりでラブホテルに出入りしたなど)が必要です。

不倫されたら真っ先にやるべきこと3.弁護士に相談する

離婚や慰謝料請求を考えている場合は、弁護士に相談しましょう。
弁護士の知り合いがいない場合は、法テラスを活用しましょう。
法テラスでは所得制限を上回らない人であれば、無料で相談に乗ってもらえます。
そのため、専業主婦(夫)は、無料で弁護士に相談に乗ってもらえる可能性が高いのです。
次に、不倫されたら絶対にやってはいけないこと3選をご紹介します。
絶対にやってはいけないことも確認しましょう。

不倫をされたとき絶対にやってはいけないこと1.証拠を集める前に相手を問い詰める

証拠を集める前に不倫を問い詰めると、その後、証拠をゲットするのが難しくなりがちです。
不倫していると感づいたなら、感づいたことを悟られないように行動し、証拠を掴んだ後に問い詰めましょう。

不倫をされたとき絶対にやってはいけないこと2.証拠集めをやりすぎる

証拠集めにヒートアップしてしまい、違法行為に手を出すのはやめましょう
たとえば、相手の私物に盗聴器をしかけたり、スマホに勝手に追跡アプリを入れたりするのは、夫婦といえどもプライバシーの侵害です。
違法に入手した証拠は法廷では証拠とは認められない可能性が高いので注意してください。

不倫をされたとき絶対にやってはいけないこと3.逆上して暴行する

不倫をされたからといって、相手を殴ったり、刃物で刺そうとしたり、自分を傷つけたりするのはやめましょう。
まずは冷静になって、あなたにとって最善の行動とは何かを考えてみてください。
ひとりでは暴走してしまいそうなときは、親友や家族など、信頼できる人に相談してみましょう。

おわりに

例え不倫した相手が悪かったとしても、違法行為や暴行など、自らを苦しめることは絶対にしたくないですよね。
正当な手段でたたかいましょう!
(今来 今/ライター)

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend