GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.10.04(Fri)

人気インフルエンサー・大口智恵美を包んだ“英国の高級感”――レンジローバー イヴォーク

JJ専属ブロガーモデルを経て、現在はインスタグラマーとして活躍する大口智恵美さん。「クルマの運転は上手ではないけど、すごく好き 」と語る彼女に、海外セレブに人気の高級SUV「レンジローバー イヴォーク」を体験してもらいました。そこで待っていたのは、英国流の高級感と、安心感でした。

■クルマには、“自由”が詰まっている

「クルマ=大人の女のイメージ」。大口さんがそう語る理由は、幼少期にありました。
「小学生の頃、叔母のクルマに乗って、よく一緒に買い物に行っていたんです。その、大きな荷物を乗せて運転する姿がカッコよくて、ずっと憧れていました」。念願叶って、最近は自身も毎日のようにクルマを運転するようになったことで、クルマの新たな魅力を発見したといいます。

「クルマには、“自由”が詰まっていますよね。まるでどこへでも行けるような感覚になれる機動性と、たくさんの荷物を運べる利便性。車内にいる時間は好きな音楽を聴いたりして、気分転換にもなっています」。

ただ、あまり多くの車種に乗った経験がなく、今回の試乗に関しては、若干の不安を感じていたという 大口さん。ですが彼女には、「それ以上に楽しみな理由」がありました。
「ランドローバーといえば、“英国王室御用達”の自動車メーカーですから。やっぱり一度は乗ってみたいと思っていました。しかも私の好きなハリウッドセレブ、ケンダル・ジェンナーも“レンジローバーを愛用していた”と聞けば、自然とテンションも上がっちゃいます(笑)」。

■デザイン性と機能性を兼ね備えた「英国流の高級感」

今回、大口さんが試乗したのは、今年6月にローンチされた2代目「レンジローバー イヴォーク」。海外では、特に女性人気が高く、日本でも都心在住のアクティブな女性をはじめとする比較的若いドライバーから支持されている人気車種です。

まずは、「クルマ選びのポイントは見た目重視」と語る大口さんに、新型レンジローバー イヴォークの第一印象を聞いてみました。
「かわいい! 色がいいですね。グレーなんですけど、光の加減でブルーっぽくも見えて、その絶妙なバランスがすごくいい。フォルムも丸みを帯びていて、やわらかい印象を受けます。デザインも個性的なので、人とかぶらないところも、私好みです」。

サイズ感も気に入った様子で、「買い物に出かけたときに、駐車場に入らないようなサイズのクルマって、実は不便だと思うんです。レンジローバー イヴォークはその点、小さ過ぎず、大き過ぎず、ちょうどいいですね」と言って、大きな目を輝かせました。

そしてドアを開け、シートに着席すると、その座り心地に驚いた表情を浮かべる大口さん。
「勝手な偏見かもしれませんが、クルマ全般に対して、私は男性仕様なイメージを持っていたんです。だからこんなにフィット感があるなんて、驚きました。これなら長時間運転していても、疲れなさそうですね」。

インテリアについても好感を持ったようで、車内を見回しながら、「これが英国流の高級感……。無駄なものがなくて、シンプルだけど、すごくスタイリッシュですね」と、初めて触れた英国流に興味津々。そしてエンジンをかけ、いざ発進。試乗をスタートしました。

その乗り心地については、どんな感想を抱いたのでしょうか?
「視界が広くて、運転しやすいですね。天井にパノラミックルーフが付いているので、圧迫感もないですし、むしろ見た目より広く感じます。あと、このタッチパネルがすごく使いやすい。直感的に操作できるので、初めてでも使い方に困らないと思います」。

■女性に優しい「レンジローバー イヴォーク」

試乗を終えた大口さんは、「レンジローバー イヴォークは、女性に優しいクルマ」だと感じたといいます。
「バックミラーの角度を変えると、内臓カメラの映像に切り替わるのは便利ですね。荷物をたくさん積んで、後ろが見えなくなっても、映像でちゃんと確認できるのはうれしい。それと、いちばん感動したのが、クルマのフロント周辺を確認できる機能です。 初めて乗るクルマって、車幅や距離感が掴めないから不安になるんですけど、これならクルマの位置が正確にわかるので、たとえば狭い道路を左折する際に、壁にぶつける心配もないでしょうし、安心して運転できそうです。トランクルームも広いですし、収納も十分。とことん女性に優しいクルマだと思いました」。

そして最後に、同世代の女性に伝えたいレンジローバー イヴォークの魅力を聞いてみると、彼女は笑顔でこう振り返りました。
「セレブも愛用するクルマを体感できて、今日はとっても楽しかったです。英国の高級感に包まれた車内で過ごした時間は、気持ちまで満たされた気分になりました。“次回購入するクルマ”として最優先候補になりました。個性的なデザインや品の良いラグジュアリー感、運転しやすいサイズなど、都会に住む女性におすすめしたいクルマです!」。

大口智恵美さん/JJ専属ブロガーモデルとしてリアルなコーディネート、ライフスタイルといった情報発信ができる等身大のモデルとして絶大な人気を博する。現在はビューティーを中心に活躍する人気インスタグラマーで、広告のイメージモデルやさまざまなイベントに出演するなど、多方面で活躍の場を広げている。また自身のライフスタイルを提案するブランド"CENTENCE"を立ち上げ、プロデューサーに就任。
Instagram:https://www.instagram.com/chemiiiii/



【英国の高級感に満ちた「レンジローバー イヴォーク」3つのポイント!】

「レンジローバー イヴォーク」は、2010年の発表、2011年の発売(日本での発売開始は2012年3月)以来、世界中で累計80万台以上を販売し、210以上の国際的な賞を獲得しているラグジュアリー・コンパクトSUV市場のパイオニア。今回、初のフルモデルチェンジにより、さらなる進化を遂げました。ひと目でわかる特徴的なクーペスタイルのシルエットを継承しながら、“Reductionism(還元主義)”というデザイン理念を取り入れることで、よりモダンに仕上げています。最新のテクノロジーと利便性、実用性、そしてランドローバーとしての走破能力により磨きをかけ、ラグジュアリー・コンパクトSUVのスタンダードを再定義するモデルとして誕生。

(1)個性的でモダンなエクステリア
高級感と親しみやすさを与えてくれる、滑らかで美しいボディライン。専用色のノリータ・グレーは、個性的でありながら、上品さを演出してくれるボディカラーです。

(2)シンプルでスタイリッシュなインテリア
英国のクラフトマンシップが凝縮されたインテリアは、シンプルでスタイリッシュな印象。最高級の素材で仕上げられた精巧なデザインに、10インチの2つの高解像度タッチスクリーンによる最新のインフォテインメント ・システム「Touch Pro Duo」を備えています。

(3)利便性と快適性を兼ね備えた安心感
ランドローバー初採用となる「ClearSight インテリア・リアビューミラー」。乗員や荷物で後方視界が悪いときに、いつでも内臓カメラによる映像に切り替えることができるため、後方の確認も安心です。

2014年発表の世界初の技術「ClearSight グラウンドビュー」は、まるで車体が透明になったかのような映像を表示。フロントの下180度の視角を確認できるため、段差のある中央分離帯などでも、位置関係を確認しながら、安心して走行可能です。

初代よりもさらに広くなった「トランクルーム」。分割可倒式リアシートを倒した際のトランク容量は、最大1383リットル。大きな荷物も積むことができるため、使いやすく、利便性も抜群です。

   

■ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力を語る!
「レンジローバー イヴォーク」のキャンペーンメッセージである、“LIVE FOR THE CITY”(都会で最先端を生きる多様な人たちのライフスタイルにふさわしい個性的な車)を象徴する存在として、ランドローバー・ブランド・アンバサダーを務める森星さん。就任会見の模様やCM動画はコチラ>>


Model/ Chiemi Ooguchi
Photographer/ Masakazu Sugino Writer/ Kyousuke Akasaka
Location/ Q.E.D.CLUB

SPECIAL

2019.11.05(Tue)

ラクしたい女子必見!ルームウェアで美脚ケアできるってホント?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.10.24(Thu)

マレフィセントになりきっているのはあの大物タレントだった! 撮影メイキング&アンジェリーナ・ジョリーからの動画コメントも
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.10.21(Mon)

映画公開特別企画! マレフィセントに変身している大物タレントは一体誰?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.05.10(Fri)

【ラスベガス贅沢トリップ Vol.3】セレブリティシェフ襲来!ラスベガスレストラン決定版
國方 麻紀
國方 麻紀

2019.09.13(Fri)

【シンガポール発着フライ&クルーズ】Vol.3 出入国審査や移動がスムーズ! シンガポール&ペナン&am...
國方 麻紀
國方 麻紀

2019.09.06(Fri)

【GLAMなオトコ】Vol.26小栗旬、本能と衝動で生きた色男の文豪、太宰治への共感と羨望とは?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team