15.06.17(Wed)

スティーヴン・タイラー、終わりが来るときまでロックは続ける!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

スティーヴン・タイラー

スティーヴン・タイラー(Steven Tyler, 67)は「壊れてボロボロになるまで」音楽を作り続けるという。1970年からハードロックバンド「エアロスミス」のフロントマンとして活躍してきたスティーヴンは、最近カントリーミュージックにも手を広げ、制作中のソロ・アルバムから「Love is Your Name」のシングルをリリースした。

このアルバムの制作が終わってはいないが、スティーヴンはBlue Army Tourのためにエアロスミスのメンバーと再会した。このツアーは6月10日のサンディエゴからスタートして8月7日のオハイオ州カントンで幕を閉じる。緊張感はあるが、スティーヴンはツアーに戻って来たことを楽しんでいる。

「ジョー(リード・ギタリストのジョー・ペリー(Joe Perry))が俺の何かについて腹を立てたとき、俺はこう言ってやった『後先考えずに言うもんじゃないぜ』ってね。俺たちはバンド仲間であり、家族なんだ」とスティーヴンは米ローリング・ストーン誌に語った。「キーッと音を立てて止まるまで、すべて壊れてガタガタでもう立ち上がることができなくなるまで俺はやるんだ。『イーヤッホー!最高だぜ!』って叫ぶんだ」

エアロスミスの周囲では、これまで成功を納めてきた15枚のアルバムに加えて、新しいアルバムの制作が噂されている。彼らの最後のアルバムは2012年に8年ぶりにリリースした「Music from Another Dimension!」で、ソニー/コロンビア・レコードから出す最後のアルバムと銘打たれていたが、スティーヴンは将来について決まっていることはないという。

音楽だけにとどまらず、スティーヴンはテレビにも登場し、オーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員をしていたこともある。先月ついにこの番組が次のシーズン15で最後になるというニュースが広まった。スティーヴンは2010年から2シーズンこの番組で審査員をしていたが、彼が審査員にとどまっていたとしても番組が存続できたとは思えないという。

「自然の成り行きだね。(審査員の)キース・アーバン(Keith Urban)は好きだけど。この前の夜に演奏していたら、(審査員の)JLo(Jennifer Lopez)がほっぺにキスしてくれたんだ。男なら誰でも1年に1度はしてもらいたいよな」とスティーヴンは笑った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。