石原 有起
石原 有起

2014.10.01(Wed)

素肌美の鍵は、フルラインで保湿することにあり。 季節の変わり目こそスキンケアはシリーズ使いを始めるチャンス!

shutterstock_92740690

 先日も、ある雑誌で“塗っているのに、まるで塗っていないような素肌感に見せる”ベースメイクの美容企画に携わったところですが、取材を行うたび、“ベースメイクが薄くなればなるほど、どんどん素の美しさが問われる時代になってきている”と、実感する毎日。

 しかし、とくに秋のはじまりは急な乾燥を感じることが多く、一見すると潤っているように見えていても、内部が乾燥している肌状態“インナードライ肌”に陥りがち。夏のリゾートの紫外線によって肌を酷使していた方にとっては、耳の痛いお話かもしれません。

 肌は乾燥がひどくなると、これ以上肌の水分を逃がさないように、逆に皮脂をたくさん分泌してしまいます…。これが、肌表面のベタつきの正体。しかし、このメカニズムによって肌がベタついた場合も、オイリー肌(脂性肌)だと勘違いしやすいため、過剰に洗顔をしたり、クリームの使用を避けたり、間違ったケアをして症状を悪化させてしまいがちに。

 紫外線やエアコンはインナードライ肌を加速させる要因として知られていますが、季節の変わり目の時季は、肌がなかなか気候に対応できず、表面は皮脂でべたついているのに、内部は砂漠状態になりやすいもの。私の場合は、この時季、とくに生理中に肌の水分・油分のバランスの崩れを感じやすいため、普段以上に素肌の状態に気を配っています。生理前から生理期間中はホルモンバランスが崩れやすいですから。

 ケアのポイントは、やはり与えるスキンケアのフルラインで保湿すること。化粧水をたっぷりと使って水分を補給した後は、乳液やクリームなどの油分でフタをして、潤いの蒸発を防ぎましょう。ただ、ごわついた肌に油分だけを与えてもなかなか浸透しないため、アイテムの浸透性や順番を意識してケアの効果を高めましょう。スキンケアは、シリーズ使いが美肌への近道です。

 ベースメイク後の肌をナチュラルな美しさに仕上げるためには、なおさら“素肌の美しさ”が必須事項。肌トラブルが起こりやすくなるこの時季こそ、与えるアイテムをトータルで使って保湿の徹底を心掛けましょう。

OTHER ARTICLES

2016.08.02(Tue)

20代から毎日使い続けたくなる!カバー力とスキンケアを両立させた大人のBBクリーム
石原 有起
石原 有起

2014.11.13(Thu)

夜と朝のじっくりスキンケアで、夕方まで疲れ知らずのハリ肌
石原 有起
石原 有起

2014.11.13(Thu)

エイジングサインにハッとしても大丈夫。 正しいスキンケアで美肌は蘇ります!
石原 有起
石原 有起

RECOMMEND

2020.10.07(Wed)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team