GLAM Editorial

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!

気温が暑くなってくると、必須になってくる紫外線対策。肌を日焼けから守る他、シミ防止対策としても、UVケアは女性にとって欠かせません。UVケアとしてよく使われるのは、日焼け止めクリームが鉄板ですが、最近では化粧品でもUVケアができる商品が増えてきました。

 

今回はメイクしながらUVケアができる化粧品全6選をご紹介します!

メイク中でも、メイク後でも使える化粧品をそれぞれご紹介するので、ぜひこの夏のUVケアの参考にしてくださいね。

 

UVケアをしないとどうなるか?

「日焼けしたくないから」「白い肌がいいから」「シミになりたくないから」など日焼け対策をしている人は、それぞれいろんな理由がありますよね。しかし実際のところ、「日焼けすると肌にはこういう影響がある」ということを知らない人も多いかと思います。

ここでは、UVケアをしないと肌はどうなってしまうのか?などUVケアの必要性について解説します。

シミ

紫外線によるダメージで1番に上げられるのが、シミです。

紫外線で受けた肌はダメージにより、肌内部で炎症が起こります。すると防御反応として、メラニン色素が生成されます。

UVケアをせずにいると、常に肌では防御反応が起こることになるので、メラニン色素が多く作られてしまいます。

こうして過剰に作られたメラニン色素が蓄積すると、それがシミの原因となるのです。

乾燥

UVケアをしないと、紫外線により肌の水分が蒸発し、乾燥します。

乾燥は肌のバリア機能を低下させ、ターンオーバーの乱れを引き起こします。

乾燥して、肌のバリア機能が低下した状態は、さらに紫外線によるダメージを受けやすくなってしまうのです。

肌荒れ

紫外線による乾燥は、肌の土台を崩し、肌荒れを起こします。

乾燥により、肌のキメが乱れることで、肌のゴワつきやザラつきが目立つようになるのです。

さらに紫外線による乾燥で、余分な角質が増えるため、ニキビの発生にも繋がってしまいます。

そのニキビに紫外線が当たると、ニキビの炎症が進んでしまうので、症状が悪化してしまうという負のループになってしまうのです。

 

そもそもSPFとPAはどういう意味か?

日焼け止めクリームや、UVケアができる化粧品に必ず書いてある「SPF」と「PA」。実際、あまり意味を気にせず購入している方も多いのではないでしょうか?

実は、それぞれ紫外線の種類に対する効果があり、肌への影響も違うんです。今後日焼け止めやUVケア化粧品を選ぶ際は、ぜひ参考にしてください。

SPFとは

SPFは、肌に炎症を起こさせるUVーBの紫外線を防ぐ効果を示すもので、普段私たちが気にする紫外線はこのUVーBを指すことが多いです。

よく見る「SPF30」「SPF50+」というのは、その日焼け止めを何も塗らない場合に比べ、UVーBによる肌の炎症を遅らせることのできる数値を表しています。

しかし、30や50というのは時間に関係はなく、通常の30倍、50倍遅らせることができるということを表しているのです。

紫外線に当たってから日焼けするまでの時間は、個人差がありますが、平均的に15分~20分とされているそうです。

そのため日焼け始めるのが20分だとすると、SPF30の日焼け止めは、600分(10時間)遅らせることができる計算になります。

PAとは

PAは、日焼けにより肌を黒くしてしまうUVーAの紫外線を防ぐ効果を示すものです。
これは数値ではなく、「+」で段階分けされていて、「+」「++」「+++」「++++」の4段階に分けられています。

「+」が多いほど、UVーAを防ぐ効果が高くなっていきます。

UVーAはUVーBに比べ認知度は低いですが、肌のコラーゲン等を破壊し、シワやたるみを引き起こすことから、UVーBと同じくらい注意が必要な紫外線なのです。

さらに秋から冬にかけて紫外線量の落ちるUVーBに比べ、UVーAは年中安定して降り注いでいます。

そのため、年間を通して紫外線を防ぐ必要があります。

 

いつ頃からUVケアを始めるべきか?

紫外線を強く感じる7月や8月の夏場に始める人も多いようですが、それでは遅いことを知っていましたか?

UVケアは始める時期をしっかりと抑えておく必要があります。それにより紫外線による肌へのダメージも一気に減らすことだって可能なのです。

ここでは年間の紫外線量を始め、UVケアを始めるのに適した時期を解説します。

しっかり押さえて、今年こそはUVケアに出遅れないようにしましょう!

年間の紫外線量を確認

年間を通して紫外線は降り注いでいますが、その中で紫外線量が少ない時期は1月・2月・3月・10月・11月・12月と秋冬になります。

一般的に、7月や8月などの夏真っ盛りの時期が1番紫外線量が多いかと思えば、同じように5月も紫外線は真夏と変わらないくらい降り注いでいます。

梅雨明け頃からUVケアを始める方もいると思いますが、実はそれでは遅いのです!

4月から始めると安心

UVケアは、一気に紫外線量の上がる4月から始めると安心でしょう。

4月から始めることで、真夏と変わらない紫外線量の5月になる前からしっかりと紫外線予防ができます。

絶対に肌を焼きたくない人は、春からUVケアを始めると、より効果の高いUVケアができますよ。

 

化粧品でのUVケアは2パターンある!

化粧品でのUVケアには、化粧前に塗るタイプ・化粧後に塗るタイプの2パターンあります。日焼け止めは、主に化粧前に肌へ塗ってから上に化粧をしていくことが多く、上からの塗り直しが簡単にできないという点があります。

さらに塗り直したとしても、日焼け止めは化粧品ではないので、化粧崩れが起きてしまいます。

そのためUVケアできる化粧品を使うことにより、化粧崩れを心配することなく、UVケアができるのです。

以下では化粧前後に塗る化粧品の例を上げながら、メリットも含めて解説していきます。

化粧前に塗るタイプ

化粧前に塗るタイプのUVケアができるものは、化粧下地が上げられます。

最近では日焼け止めと同じく、化粧下地にもSPF10~50など幅広い種類があるので、シーンに適したものを選ぶことができます。

日焼け止めを塗ってから化粧下地やファンデーションを塗ると、崩れてしまう恐れがありますが、UVカット効果のある化粧下地を使用することでその心配もなくなります。

化粧後に塗るタイプ

化粧後に塗るタイプのUVケアができる化粧品は、パウダーファンデーションやお直し用のフェイシャルミストがあります。

どちらも化粧の上から、化粧を崩さずUV対策ができるものなので、お出かけ時に重宝するでしょう。

 

メイクの時から下準備!UVケアにおすすめの化粧品3選!

UVカット効果のある化粧下地や、ファンデーションをご紹介します。

UVカットといえど、化粧品として機能性の高いものを4つ厳選したので、今年のUVケア用にどの化粧品を買うか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

【ラロッシュポゼ】UVイデア XLプロテクショントーンアップ

出典:公式サイト

ラロッシュポゼから出ている化粧下地、UVイデア XLプロテクショントーンアップは無色・ピンク・ピンクベージュがあります。

紫外線防止効果も、SPF50+・PA++++なので長時間外で活動する時に最適です。

UVケアだけでなく、肌のトーンアップもできることから、明るい肌に見せながら日焼け対策もできる優れものなんです!

これだけUVカット効果が高い化粧下地にも関わらず、石鹸で落とせるので、肌に優しく、安心して使えます。

【シャネル】CCクリームN

出典:公式サイト

シャネルから出ているCCクリームNは、日焼け止め・乳液・化粧下地と1つで3役こなしてくれる優秀な化粧品です。

紫外線防止効果も、SPF50・PA+++なので紫外線が強い日や、屋外での活動が多い日の使用がおすすめです。

乳液のような使い心地であるにも関わらず、しっかりと肌悩みをカバーしてくれるので、自然な肌の美しさを叶えてくれます。

ベースメイクを長時間キープしてくれる効果があるので、化粧下地としても機能性が高いものになっています。

【マキアージュ】ドラマティックスキンセンサーベース EX

出典:公式サイト

マキアージュから出ているドラマティックスキンセンサーベースEXは、化粧崩れ防止下地として効果の高い化粧下地です。

紫外線防止効果はSPF25・PA+++となっているため、通勤やショッピングなどの普段使いに最適です。

テカリやカサつきをダブルで防ぎ、メイクしたての肌を長時間キープしてくれる他、スキンケア効果もあるため、かなり機能性の高い化粧下地になっています。

高い機能性と、確かな効果から多くの女性に使われています。

 

メイクしたままでもOK!UVケアにおすすめの化粧品3選!

メイクの上から使えるパウダーファンデーションや、フェイシャルミストをご紹介します。

こちらもUVカット効果や、化粧品としての機能性が高いことはもちろんのこと、多くの方に支持されている商品を4つ厳選したので、ぜひ参考にしてください。

【ラロッシュポゼ】UVイデア デイリープロテクションパウダー

出典:@コスメ

ラロッシュポゼから出ているUVイデア デイリープロテクションパウダーは、UVカット効果のあるパウダーファンデーションです。

紫外線防止効果は、SPF30・PA+++なので、UVケアしつつ、普段のメイクとして使えます。

しっかりと顔の気になる部分をカバーし、テカリや化粧崩れも防ぐ効果が期待できます。

日中の化粧直しなど、メイクの上から使用できるので、日差しが強い日でもバッチリ紫外線対策ができることでしょう。

【ミーファ】 フレグランスUVスプレー マグノリア

出典:公式サイト

MIEUFA(ミーファ)から出ているフレグランスUVスプレーです。

髪と肌両方に使え、紫外線防止効果もSPF50+・PA++++なので、しっかりと紫外線から髪と肌を守ってくれます。

6種類の香りと無香料の全7種類と、香りとケアにこだわったUVケアスプレーとなっているため、コスメのように使うことができるところもポイントです。

日焼け止めっぽくない、おしゃれなボトルなので、ファッション感覚で持ち歩くことができます。

【石澤研究所】紫外線予報 メイクを守るUVスプレー

出典:公式サイト

石澤研究所から出ている、紫外線予報メイクを守るUVスプレーは、その名の通りメイク崩れを防ぎつつ、UVカット効果もあるスプレーです。

紫外線防止効果も、SPF50+・PA++++なので、汗でメイクが崩れがちになる、紫外線が強い季節に最適です。

スプレータイプは、気になった時にサッとメイクの上から重ねることができるので、日差しが強い時期は重宝するでしょう。

 

まとめ

UVケアは、シミやシワなどを抑えるために欠かせません。

紫外線が肌に与えるトラブルは、シミやシワ以外にもたくさんあるため、めんどくさいからとないがしろにしては、キレイな肌からどんどん遠ざかってしまいます。

今年は化粧品に取り入れて、紫外線から肌を守りましょう!

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial