15.09.16(Wed)

東京発、リュクスなピアスコレクション

原田かれん

原田かれん スタイリスト、バイヤー

美大卒業後、グッチ、シャネルにてキャリアを積む。海外のエッセンスを取り入れたハイ&ローミックスのスタイリングを得意とし、スタイリスト・バイヤーとして活躍中。

今や大人の女性の必須アイテムとなった「スキンジュエリー」。
「スキンジュエリー」とは、まるで肌の一部のようにしっとりとなじむジュエリーのこと。その輝きは、大人の女性の肌を美しく見せてくれます。
表参道にある「Bijouterie euro flat」は、東京発のジュエリーブランド。
スキンジュエリーとして活躍しそうな、華奢で上品なデザインが特徴です。
今回は、2015年の秋冬の新作としてリリースされたピアスコレクションをご紹介します。

◆エレガントな新作ピアス
今回発表された新作は、こちらの3種類。

ld936 diamond 40000yen+tax (1)

ld938 gold bits L 17000yen+Tax (7)

ld939 faceted gold bits 11,000yen+Tax (4)

長さやサイズも豊富なので、自分にあったピアスを選ぶことができます。
ホワイトゴールドへの変更対応もしているので、お手持ちの他のジュエリーに合わせてコーディネートを楽しめますね。

<プチダイヤモンド スタッド アメリカン ピアス>
ダイヤモンドが優しくきらめくピアス。つけるだけでエレガントに変身させてくれます。
プチダイヤモンドなので、大人の女性のデイリー使いにもおすすめ。
ld936 diamond 40000yen+tax (2)
<ゴールドビッツ スタッド アメリカン ピアス>
シンプルなゴールド地金のピアス。丸いシルエットが上品さを演出します。
洗練された大人のクールスタイルにオススメ。
ld937 gold bits S 13,000yen+Tax (1)
<ファセット ゴールドビッツ アメリカン ピアス>
ファセットカットを施したゴールドビッツがきらめくピアス。
小さいながらも存在感のある輝きで、華やかに見せてくれます。
ld939 faceted gold bits 11,000yen+Tax (4)

◆2wayで使えるリュクスなピアス
新作ピアスの特徴は「スタッドピアスでもあり、アメリカンピアスでもある」こと。つまりつけ方によって、表情が変化するのです。
アメリカンピアスとして楽しみたいときは、チェーンを長めに垂らして。ゆらめくモチーフの姿を楽しむことができます。
スタッドピアスとして楽しみたいときは、チェーンを後ろ側に長く垂らしましょう。モチーフが耳たぶの上でスタッドの役目を果たします。

◆忙しい朝もストレスフリーなピアス
今回の新作の特徴は、「ロック式キャッチがいらない」こと。
長めのチェーンを使用することによって、ロック式のキャッチを使わないデザインになっています。
これならば、チェーンをさっと差すだけなので、忙しい朝でも簡単にピアスを着けられますね。
また、長めのチェーンはどのアングルから見ても美しいデザイン。
ショートカットでも、まとめ髪でも、後姿までも美しく見せてくれるピアスは、パーティーにもおすすめです。
小さいながらも、存在感が問われるピアス。
顔に近い位置に来るジュエリーだけに、常に見られるジュエリーの一つです。
そんなピアスだからこそ、上品で洗練されたものを選ぶのが大切ですね。