ささきひろこ
ささきひろこ

2015.03.18(Wed)

スキンケアの基本「クレンジング」は"質”重視で選ぶ

あなたにとって「スキンケア」とは何でしょう?
化粧水を筆頭に、美容液やクリームなどとにかく“塗る”が注目されがち。でも、ちょっと思い出してください。塗ったら必ず、“落とす”行為も必要だということを。クレンジングは、スキンケアの基本中の基本なのです。


hs_main2

スキンケアからメイクまで、“塗る”行為ばかりが続く中、唯一“落とす”行為がクレンジングです。だからこそ、価格でなく質を重視して選びたいところ。クレンジングで重要なのは、「不要な汚れを落とす」ことと「必要な潤いは残す」こと。ここを軽視すると、思わぬ肌トラブルに見舞われます。肌トラブルのほとんどがクレンジングから始まっている、といっても過言ではないのです。
そのひとつが「落とさなすぎ」。メイク汚れに含まれる油分が酸化し、酸化した皮脂汚れが毛穴を詰まらせます。肌に刺激を与えるだけでなく、その汚れを温床に雑菌が繁殖することで、肌荒れを引き起こすのです。
もうひとつが「落としすぎ」。強い洗浄力のあるクレンジングによって、本来必要なはずの潤い成分まで洗い流してしまうこと。その日のメイクに合った、クレンジングを選ぶようにしましょう。目安はこちら。

・フルメイク・・・油分の多いファンデーションを全顏に
 →オイルタイプ

・部分メイク①・・・クリーム/リキッドファンデーション部分使い
 →クリームタイプ(orミルクタイプ)

・部分メイク②・・・ミネラル/パウダーファンデーション、ルースパウダーまたは下地のみ
 →ミルクタイプ(orクリームタイプ、ジェルタイプ)

・ポイントメイク・・・マスカラや口紅など
 →専用リムーバー

ダブル洗顔しないことを前提に、クレンジングだけで汚れをしっかり落としましょう。メイクや皮脂汚れは落としつつも、肌内部の潤いは残したままにしてくれる優秀なクレンジングが、各ブランドから出ています。好みのテクスチャーや心地よい香り、高い潤い成分配合の有無で選ぶのもよいですね。ドラッグストアで一番安かったから、というだけで購入するのは過去でおしまい。ここはケチらず、メイクに合わせたクレンジング、そして気分に合わせて選べるクレンジングを揃えておくのが、「ちょっと差のつく大人美容」です。

OTHER ARTICLES

2017.03.27(Mon)

「浸透する肌環境」は、肌の“デトックス”がキーポイント
ささきひろこ
ささきひろこ

2017.03.21(Tue)

ホリスティック精油美容「THE PUBLIC ORGANIC」から新シリーズ登場!
ささきひろこ
ささきひろこ

2017.03.13(Mon)

春ファッションに合わせたいのは「真珠オーラ肌」
ささきひろこ
ささきひろこ

SPECIAL

2016.12.26(Mon)

「私って本当にダメだな…」自分嫌いなアナタへ贈る、2016年最後のコラム
ささきひろこ
ささきひろこ

2015.08.06(Thu)

インナービューティーを目指す私と「コントレックス」の関係
ささきひろこ
ささきひろこ

RECOMMEND

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat