ささきひろこ
ささきひろこ

2015.03.18(Wed)

スキンケアの基本「クレンジング」は"質”重視で選ぶ

あなたにとって「スキンケア」とは何でしょう?
化粧水を筆頭に、美容液やクリームなどとにかく“塗る”が注目されがち。でも、ちょっと思い出してください。塗ったら必ず、“落とす”行為も必要だということを。クレンジングは、スキンケアの基本中の基本なのです。


hs_main2

スキンケアからメイクまで、“塗る”行為ばかりが続く中、唯一“落とす”行為がクレンジングです。だからこそ、価格でなく質を重視して選びたいところ。クレンジングで重要なのは、「不要な汚れを落とす」ことと「必要な潤いは残す」こと。ここを軽視すると、思わぬ肌トラブルに見舞われます。肌トラブルのほとんどがクレンジングから始まっている、といっても過言ではないのです。
そのひとつが「落とさなすぎ」。メイク汚れに含まれる油分が酸化し、酸化した皮脂汚れが毛穴を詰まらせます。肌に刺激を与えるだけでなく、その汚れを温床に雑菌が繁殖することで、肌荒れを引き起こすのです。
もうひとつが「落としすぎ」。強い洗浄力のあるクレンジングによって、本来必要なはずの潤い成分まで洗い流してしまうこと。その日のメイクに合った、クレンジングを選ぶようにしましょう。目安はこちら。

・フルメイク・・・油分の多いファンデーションを全顏に
 →オイルタイプ

・部分メイク①・・・クリーム/リキッドファンデーション部分使い
 →クリームタイプ(orミルクタイプ)

・部分メイク②・・・ミネラル/パウダーファンデーション、ルースパウダーまたは下地のみ
 →ミルクタイプ(orクリームタイプ、ジェルタイプ)

・ポイントメイク・・・マスカラや口紅など
 →専用リムーバー

ダブル洗顔しないことを前提に、クレンジングだけで汚れをしっかり落としましょう。メイクや皮脂汚れは落としつつも、肌内部の潤いは残したままにしてくれる優秀なクレンジングが、各ブランドから出ています。好みのテクスチャーや心地よい香り、高い潤い成分配合の有無で選ぶのもよいですね。ドラッグストアで一番安かったから、というだけで購入するのは過去でおしまい。ここはケチらず、メイクに合わせたクレンジング、そして気分に合わせて選べるクレンジングを揃えておくのが、「ちょっと差のつく大人美容」です。

OTHER ARTICLES

2017.03.27(Mon)

「浸透する肌環境」は、肌の“デトックス”がキーポイント
ささきひろこ
ささきひろこ

2017.03.21(Tue)

ホリスティック精油美容「THE PUBLIC ORGANIC」から新シリーズ登場!
ささきひろこ
ささきひろこ

2017.03.13(Mon)

春ファッションに合わせたいのは「真珠オーラ肌」
ささきひろこ
ささきひろこ

SPECIAL

2016.12.26(Mon)

「私って本当にダメだな…」自分嫌いなアナタへ贈る、2016年最後のコラム
ささきひろこ
ささきひろこ

2015.08.06(Thu)

インナービューティーを目指す私と「コントレックス」の関係
ささきひろこ
ささきひろこ

RECOMMEND

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team