GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.10(Fri)

ディオールから新作ジュエリーコレクション「ローズ デ ヴァン」がデビュー

dior1

*画像をクリックして次の画像へ


ディオールから、リバーシブルで使える、お守りのような新作コレクション「ローズ デ ヴァン」が登場。

"ローズ デ ヴァン(Rose des Vents)"−それは、風向きや風の傾向を表す風配図のこと。直訳すると風の薔薇を意味し、放射状に広がる風配図が薔薇を連想させたためと言われています。

すべての始まりは、クリスチャン・ディオールが子供時代を過ごしたグランヴィルの館から。海に面したその館の名前は、羅針盤の風配図を区切る 32 の方位を意味する"リュンブ(Les Rhumbs )”。館の裏手にある池の底にも、風配図 のモチーフがモザイクで描かれていました。幼少のクリスチャン・ディオールはサンザシ、モクセイソウ、そして何よりも好きだった薔薇を丹精に育てました。将来のクチュリエの花に対する愛も、幼少期のこの館の庭園で芽生えたのです。

ムッシュはその後、パリの 路上でどことなく神秘的な小さな星のチャームを拾ったことで運命の導きを確信し、オートクチュールメゾンを開くことを決意。その後、クチュリエはお守りであるこの星をポケットにしのばせ、薔薇がいつも重要なテーマとして登場するコレクションを披露するためにパリを起点にローズ デ ヴァン、風配図が示す様々な 方向へ旅立ちました。

ディオール ファイン ジュエリーのクリエイター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ がデザインした新作ジュエリーコレクション、「ローズ デ ヴァン」にはこうした物語の全てがこめられているのです。
ヴィクトワールは「風配図は旅のシンボルですが、このメダイヨンにはクリスチャン・デ ィオールのお守りであった星だけでなく、彼がことに愛した薔薇も折り重なっています。メゾンの歴史のすべてがほのめかされているのです」と語っています。
また、ヴィクトワールによるイラストが動き出すショートフィルムも必見。

イエローゴールド にマザー オブ パール、ラピスラズリにターコイズ。もしくはピンクゴールドにピンクオパール。いずれのジュエリーもひそやかな打ち明け話のように繊細です。メダイヨンを取り囲むのは、まるで外界へ誘うかのような、船のロープを思わせるねじれたフォルムのゴ ールドのグレイン。着ける人の動きに合わせてメダイヨンがチェーンの先で反転し、ある時はストーンが、別のときにはローズ デ ヴァンがあらわれます。ブレスレット、ネッ クレス、ロングネックレス...このコレクションは風配図のモチーフを様々に展開しメダイ ヨンジュエリーの可能性を広げます。

薔薇と星、メゾンの歴史を表すこれらのモチーフが輝く新作ジュエリー「ローズ デ ヴァン」は、まるで風向きを示し、導いてくれるようなお守りのよう。あなたも是非、身に着けてみては。

お問い合わせ先: クリスチャン ディオール
TEL 0120-02-1947

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.13(Thu)

眉毛のアートメイク失敗例12選 | 失敗した場合の対処法も合わせて解説
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

NEW 2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.12(Mon)

ゆったり癒される♪都内のおしゃれな温泉スポット7選!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial