増本 紀子
増本 紀子

2014.11.04(Tue)

やっぱり気になる冬の「毛穴」。最善のケア方法って?

masumoto1

 肌のお悩みは数あれど、世代を問わず悩んでいる人が多いのが「毛穴」でしょう。友人たちと話していても、必ず話題にあがることの一つが「毛穴はどうしたらいいの?」というものです。

 「毛穴」と言っても、トラブルにはさまざまな種類があるのはご存じの通り。皮脂の毛穴が詰まって白くなったり、それが酸化して黒ずんで“いちご”のようになってしまう「つまり毛穴」。また、エイジングが気になる世代になると、乾燥とたるみによる「開き毛穴」などさまざまです。

   とはいっても、本来「毛の生える穴」ですから、なくすことはもちろんできません。そして大きくなったものを小さくすることも基本的には難しいこと。でも、目立たせなくすることはできるはず。いろいろなアプローチがあるとは思いますが、やはり一番大切なのは、“ハリ”にアプローチするスキンケアではないでしょうか。

 毛穴の目立ちを考えたとき、風船を例にとって考えてみましょう。空気が十分に入った風船の表面にはハリがあり、光を反射してツヤさえも感じられます。しかし一方、時間が経ってしぼみ始めた風船は表面が凸凹し、凹んだ部分は暗く影になってしまい、もちろん全体的にもツヤやハリはありません。

 肌でも同じことが言えるのではないでしょうか。パンっとしたハリ・弾力がありキメが整った肌は、毛穴が目立ちにくいのです。毛穴そのものをどうするか考えるより、ベースとなる肌にハリを与えること。シンプルではありますが、これこそが、私たちができる毛穴対策の最善策だと私は思います。

 年を重ねると肌機能が低下し、重力の影響を受けるのは避けられないこと。だとしても、健やかな肌状態を保っていれば、忍び寄るエイジングも足踏みをしてくれるはず。今日からさっそく始めてみませんか?

OTHER ARTICLES

2014.11.13(Thu)

改めて考えたい、乳液の果たす重要な役割とは?
増本 紀子
増本 紀子

2014.11.13(Thu)

“年齢不詳肌”をかなえるポイントとは?
増本 紀子
増本 紀子

2014.11.05(Wed)

Xmasコフレで、一生付き合えるスキンケアとの出会いを。
増本 紀子
増本 紀子

RECOMMEND

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO