ぷれにゅー

2024.05.13(Mon)

栗原針山、六本木で書展「人間は人間を生きる」を開催

栗原針山が、六本木のストライプハウスギャラリーで個展「人間は人間を生きる」を開催します。この展示は、2024年5月11日から26日までの期間、人間の葛藤をテーマにした作品が展示されます。

イベント概要

イベント名: 栗原針山書展2024「人間は人間を生きる」
開催日時: 2024年5月11日(土)~5月26日(日) 11:00~19:00
会場: ストライプハウスギャラリー M、Bフロア (東京都港区六本木5-10-33)
アクセス: 地下鉄大江戸線・日比谷線六本木駅3番出口から徒歩4分
入場料: 無料
公式サイト: http://shinzan-k.com/

展示内容とアーティストの思い

この展示では、栗原針山が人間の深層心理と普遍的な感情に焦点を当てた50点の作品を展示します。特に注目すべきは、観客が自ら体験できるインタラクティブな作品「実体を取り戻す」と、巨大な曲面の壁を使ったインスタレーションです。これらの作品を通じて、観客は日常では見過ごされがちな自己の部分と向き合う機会を持つことができます。

アーティスト・栗原針山について

1984年東京生まれの栗原針山は、6歳から書を学び、独自のスタイル「モコモコ・ボーダー」を確立。彼の作品は、墨を駆使して光と影を表現し、時代性や普遍性を追求する現代アートとして評価されています。国内外での展示やアートフェアに積極的に参加し、その哲学的なアプローチで多くの人々に影響を与えています。

まとめ

栗原針山の「人間は人間を生きる」展は、AIやSNSが支配する現代社会での人間存在を再考する絶好の機会です。彼の作品が提供する深い洞察は、人間の本質についての新たな理解を促します。アートを通じて自己と向き合い、より充実した人生を送るためのきっかけを提供するこの展示を、ぜひ体験してください。

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend