FASHION PRESS

2017.05.01(Mon)

大塚呉服店 夏に向けた新作浴衣&帯を展開、幾何学×古典柄のデザイン

大塚呉服店(Otsuka Gofukuten)より、2017年新作浴衣が登場。大塚呉服店・WAKON各店において取り扱い中だ。

「大塚呉服店」は、着物を1・3・5万円台のスリープライスで販売し、“日常のファッションとして楽しむ着物”を提案する新しい呉服店ブランド。帯や小物の装飾品、インナーや足袋などの組み合わせにより、夏シーズンの浴衣だけでなく着物としても楽しめる2種類の着用方法を提案している。展開する着物はファッションの一つとして、様々なシーンでの着用が可能となっている。

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend