glitty
glitty

2016.10.18(Tue)

すべてをフラットにしたら「着たい!」と心から思えた

20161014_number_top

いまのファッションって、いうなればカオス。 たとえばスカートひとつにしたって、フレアやコクーン、タイトといった色々な種類があるし、「ブルー」とひと口に言っても、ターコイズ、セルリアン、シアンなど、そこからさらに細分化されます。 選択肢が多ければ多いほど、ファッションの幅は広がるし楽しい。 でも、あまりにも選択肢が多すぎて、もう結局何を着ればいいのかわからなくなってしまうこともあります。 そんなときは、一度全部をゼロにして、原点に立ち返ってみるといいかもしれません。すべてをフラットな状態にしたときに「着たい!」と心から思えたものを着ればいいんです。

OTHER ARTICLES

2018.01.10(Wed)

2018年のドット柄。もうおばさんっぽくならない
glitty
glitty

2018.01.08(Mon)

正月太りの身体に喝! 二の腕、太もも、ウエストを引き締めるエクササイズ
glitty
glitty

2017.12.27(Wed)

いつもの冬ファッションを刷新するテクニック。そろそろ脱マンネリしておきたい
glitty
glitty

SPECIAL

2017.12.22(Fri)

デニムパンツ、いつ洗ってる?
glitty
glitty

2017.11.06(Mon)

「親愛なる生理さんへ」世界中の女子がシェアした本音に共感広がってる
glitty
glitty

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
Saki
Saki

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial
GLAM Editorial