GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.27(Tue)

メイクツールで仕上がりが断然変わる!KOBAKOのメイクアップブラシが超優秀!

新発想、肌質で選ぶメイクブラシが堂々デビュー!

IMG_5053

元々ブラシ派、というかパフが苦手な私。
いや、そもそもブラシの方が量の調節が断然簡単だと思うんですよね。厚塗り大反対派の私としては、フェイスパウダーやらチーク、ハイライトやシェーディングなど、わりと広範囲で使用するお粉系のものに関しては、ブラシ一択!

この秋、ビューティツールブランドのKOBAKOからメイクアップブラシが続々デビューしていて、9月に発売された第1弾を皮切りに、今月も第2弾としてファンデーションブラシが発売に。

こちらが肌悩みに着目した新発想のブラシで、私はど乾燥肌なのでファンデーションブラシ Dを使い始めました。
熊野筆で、豊かな毛量が肌あたりがとても気持ち良いです。パウダリーはもちろんリキッドやクリームタイプのファンデーションにも使用可能とのこと。私はファンデはピンポイントで使うことが多いので、仕上げのフェイスパウダー(LUNASOLとCOVERMARKがお気に入り❤︎)にいつも使っています。
なお、毛穴が気になる人用には「ファンデーションブラシ C」という斜めカットのブラシがあるようなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

携帯できるスライド式のブラッシュブラシに関しては、広範囲にもピンポイントにも使えるので重宝しています。ハイライトで使うことが多いです。「粗光峰」と呼ばれる山羊の毛をを使われているようで、こちらも肌あたりがとても気持ち良いです。


発表会では人気ヘアメイク山本浩未さんも登場!

KOBAKOブラシ発表会セミナー風景2

さてさて発売中のKOBAKOの各ブラシですが、発表会にも伺っていました。
こちらでは実際にメイクさんにブラシを使ってメイクして頂いたり、ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんのメイクアップショーも。浩末さんも、ブラシについてはどこでも同じと思いがちですが、KOBAKOの新作はとってもよく考えて作られている!と絶賛されていましたよ。それにしても山本浩未さんのお人柄がとっても明るく素敵で、大ファンになってしまいました〜!
その他、メイクの基本の"き"として、顔の中にある白、黒、赤のメリハリを意識することが重要で、あとは自分の好きなカラーをプラスして楽しんで!と、メイクアップのアドバイスまで。このメリハリ、大人になるほどどうしてもぼやけてきてしまい、疲れて見えたりしてしまうのだとか。。。私も意識しようっと。

プロも太鼓判を押すKOBAKOの名品メイクアップツール、是非チェックしてみてくださいね。

写真上から時計回りに/ KOBAKO ファンデーションブラシD 3,500円 / リップブラシ(スライド) 2,800円 / ブラッシュブラシ(スライド)4,500円 (いずれも税抜価格) http://www.kobako.com/

OTHER ARTICLES

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.13(Sat)

パートナーが見違える!? メンズメイクをおすすめしちゃいましょ♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO