GLAM Editorial

2017.10.09(Mon)

ブルック・シールズ、トランプ大統領にデートを申し込まれていた!?

ブルック・シールズ(52)が、かつてドナルド・トランプ大統領に富をちらつかされながらデートに誘われたことを明かした。

20年ほど前、トランプ大統領が2番目の妻マーラ・メイプルズと離婚して間もない頃、不器用な誘い文句と共に誘惑を試みていたことをブルックがアンディ・コーエンのTV番組『ウォッチ・ホワット・ハプンズ:ライブ』で暴露した。

「映画の撮影場所にいた時、彼は離婚してすぐに電話をかけてきたの」「『僕たちはデートしなきゃ。本気だよ。だって君はアメリカの恋人、僕はアメリカの超お金持ち。みんなが喜ぶよ』って言われたわ」

しかし、ブルックは「私付き合っている人がいるし、その人に悪いから」と言い、その誘いを断ったという。

そんなブルックだが、最近は自分の体型には似合わない洋服を着こなせる女性達を羨んでいると打ち明けていた。「周りの人の格好を見て『ちょっとあれ、私も着こなせたら』って思ったりするんだけど、結局は似合わないのよね」「でもこそんな着こなしが出来る自信が大好きなの。今日こんな女の子を見たの。花柄のドレスに下はジーンズ、ショートブーツを履いてスパンコールのボレロを羽織ってた。目を奪われたわよ」

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial