GLAM Editorial

2017.10.03(Tue)

ジム・キャリー、亡くなった恋人の家族をゆすりで反訴

ジム・キャリー(55)が亡くなった恋人の母親と夫をゆすりの容疑で反訴している。ジムは、メイクアップアーティストで自殺した恋人キャスリオナ・ホワイトの母親ブリジッド・スウィートマンとキャスリオナの別居中であった夫マーク・バートンの両者から、キャスリオナに性病をうつしたうえ、2015年9月にキャスリーナが自殺した際に用いた薬物を提供したとして起訴されていた。

しかし、ジムはブリジットとマークは自身を脅迫しているに過ぎないとし、反訴を申し立てた後、ツイッターで「今日はたくさんのニュースが出ているね。これが本件についての僕の言い分だ」「今日僕はフィリッポ・マルチーノ、ザ・Xロウ・グループ、マーク・バートンとブリジッド・スウィートマンに対して交差訴訟を申し立てた。残念ながら3年前に僕は、キャスリオナの代理人であるマルチーノ氏が僕に対して申し立てた不当な要求を受け入れてしまうというミスを犯した。公的弁護を立てるのは非常に高額だし、心が痛む過程だからね。当時、キャスリオナがマルチーノ氏によって利用されていると思った」とコメントし、今回は前回のように詐欺行為には屈しないと述べている。

ジムの申し立てでは、キャスリオナは2013年3月から8月にかけて弁護士マルチーノ氏の助けを得て、ジムがキャスリオナに数百万ドルを支払わないのならば、キャスリオナに性感染症をうつしたという虚偽の主張を公にすると脅迫したと主張している。

さらに、申し立てには「キャスリオナの不幸な死による心痛と深い悲しみの中、反訴被告人フィリッポ・マルチーノ、ザ・Xロウ・グループ、マーク・バートンとブリジッド・スウィートマンは、2年前に申し立て解決したはずのケースと同様の不当で詐欺行為にあたる要求から利益を得ようと告訴しました」と書かれている。

しかしながら、マークとブリジッドの弁護人マイケル・アヴェナッティ氏は、「ジム・キャリーは自身の非道な行為についての真実を公に晒すことを避けようと必死になっていて、無実の人々に対して奇異な告発をしているだけです。数週間前のレッドカーペットでのインタビューからも、ジムが支離滅裂で不安定な人物だと見て取れます。彼には助けが必要なのです」とコメントしている。

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial