GLAM Editorial

2017.07.25(Tue)

ジャスティン・ビーバー、中国での公演禁止に!

ジャスティン・ビーバーは中国での公演を禁じられてしまったようだ。北京市文化局は同国におけるエンターテイメント業界を「洗練」させることに努めているため、これまで「悪行」により「物議を醸してきた」ジャスティンの公演を禁止したのだという。

同局は声明文の中で「ジャスティン・ビーバーは才能ある歌手ですが、物議を醸す若き外国人歌手でもあります。これまでに彼の海外での私生活やステージ上で行ってきた数々の悪行を我々は認識しています」「彼の不適切なマナーは中国国民に不快感をもたらします。中国国内のショービジネスの市場を統制し、市場環境を洗練させるために、不適切な行動をとるアーティスト達の公演を我々は望まないのです」とコメントしている。

悪行について同局が一例を挙げることはなかったものの、ジャスティンが一生中国で公演できないというわけではないようで、同声明文は「ジャスティン・ビーバーが自身の行動を改め成長し、中国国民からの支持を再び得られることを願っています」と続いている。

2013年、公演のために中国を訪れていたジャスティンが、万里の長城でボディーガード達に担がれている姿を報じられたことが同国に不快感をもたらしたとみられている。

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.17(Mon)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi