GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.07.25(Tue)

ジャスティン・ビーバー、中国での公演禁止に!

ジャスティン・ビーバーは中国での公演を禁じられてしまったようだ。北京市文化局は同国におけるエンターテイメント業界を「洗練」させることに努めているため、これまで「悪行」により「物議を醸してきた」ジャスティンの公演を禁止したのだという。

同局は声明文の中で「ジャスティン・ビーバーは才能ある歌手ですが、物議を醸す若き外国人歌手でもあります。これまでに彼の海外での私生活やステージ上で行ってきた数々の悪行を我々は認識しています」「彼の不適切なマナーは中国国民に不快感をもたらします。中国国内のショービジネスの市場を統制し、市場環境を洗練させるために、不適切な行動をとるアーティスト達の公演を我々は望まないのです」とコメントしている。

悪行について同局が一例を挙げることはなかったものの、ジャスティンが一生中国で公演できないというわけではないようで、同声明文は「ジャスティン・ビーバーが自身の行動を改め成長し、中国国民からの支持を再び得られることを願っています」と続いている。

2013年、公演のために中国を訪れていたジャスティンが、万里の長城でボディーガード達に担がれている姿を報じられたことが同国に不快感をもたらしたとみられている。

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat