GLAM Editorial

2017.07.11(Tue)

アシュトン・カッチャー、男女平等についてのライブチャットで司会担当

アシュトン・カッチャー(39)が10日(月)、「仕事場での男女平等」をテーマとしたフェイスブック上でのライブチャットで司会を務めた。アシュトンはもともとこの議題に関してリンクトインで質問を投げかけていたものの批判を浴びてしまったため、7日(金)にツイッターで自身のフェイスブックページにおいてライブチャットを開催する予定だと伝えることとなった。

リンクトインで、「女性の起業家たちにどのようなアドバイスをしてあげられる?」「仕事場でのデートについての規則は何?いちゃつくこと?」などと質問を投げかけたアシュトンだったが、その言葉の選択に関して、既に女性に不備があるという前提に立っているとして批判を浴びていた。

その後ツイッターで、アシュトンは自身が受けた批判についてコメントしている。「みんな、リンクトインに投稿した質問に答えてくれてどうもありがとう。良い意見も悪い意見もあった。すでに少し学んだよ」「僕のフェイスブックのページで仕事場での男女平等を議題にライブチャットの司会をするつもりなんだ」「僕はすでに間違った質問をしてしまい何人かの気分を害してしまった。これは難しい議題だから、また間違った言い方をしてしまうかもしれない」「正しい回答を求めようとして人は間違うこともあるということをみんなが分かってくれるといいな」

そんなアシュトンは以前にも男女平等についてコメントしたことがあり、2011年公開の『抱きたいカンケイ』で共演したナタリー・ポートマンが今年初頭、アシュトンの3分の1以下のギャラだったと主張した際にも、「男女による給与の差をなくすよう立ち上がるナタリーや全ての女性をとても誇りに思うよ」とツイートしていた。

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki

2021.05.25(Tue)

唇アートメイクのデメリット4選とメリット5選|デメリットを解消する方法もあわせて解説
GLAM Editorial