GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.01.20(Fri)

人気急上昇中の女優アニャ・テイラー=ジョイ、10代で受けたいじめを激白!

 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞でライジング・スター賞にノミネートされた女優のアニャ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy, 20)が、学校でいじめを受け、10代でロンドンを去ったことを激白した。

 アニャは『The Witch(原題)』や『Morgan(原題)』、M・ナイト・シャマラン(M. Night Shyamalan)監督の最新スリラー『Split(原題)』などに立て続けに出演し、一気に知名度を上げている。

 しかし米フロリダ州で生まれたアニャにとって、人生は常にバラ色だったわけではない。アルゼンチンで幼少期をすごし、6歳でロンドンに移住した彼女は、名門校に通いながらも苦しい時期を味わっていた。

 「もっと若い頃は、どこにもなじむ感じがしなかったの」と彼女は英ES誌に語っている。「イギリス的すぎてアルゼンチン人にはなれず、アルゼンチン的すぎてイギリス人になれず、アメリカ的すぎて何人にもなれなかった」

 アニャは英王室のチャールズ皇太子(Prince Charles)が幼い頃に学んだヒルハウス・スクールに入学。さらに料理研究家のナイジェラ・ローソン(Nigella Lawson)や女優のティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)らが輩出したクイーンズ・ゲート・スクールにも通った。

 「他の子たちは私をまったく理解しなくて、本当にひどくいじめられたの」とアニャはため息をついた。「ロッカーに押し込められたり、教室に入れてもらえなかったり、のけ者にされたりしていたわ。楽しくなかった」

 「トイレで泣いてばかりいたわ。人は社会的な生き物だから、受け入れられなかったり、どこにも居場所がないと感じたりすると、悪い影響が出るものよ」

 14歳になったアニャはロンドンを去り、ニューヨークに移ることを決意。2年後に退学し、役者の仕事に専念した。しかし彼女の決断は家族を「怖がらせた」という。

 しかしこの賭けはうまくいき、現在も2本の新作が進行中のアニャは2月12日に開催されるBAFTA賞で、ライア・コスタ(Laia Costa)やルース・ネッガ(Ruth Negga)、ルーカス・ヘッジズ(Lucas Hedges)、トム・ホランド(Tom Holland)らと新人賞にあたるライジング・スター賞の受賞を争う。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.10.07(Wed)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial