GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.01.28(Sat)

エマ・ストーン、15歳で中退してハリウッド行きを認めた両親に感謝!

 今年度アカデミー賞(R)主演女優賞の受賞がささやかれるエマ・ストーン(Emma Stone)は、女優になる夢を実現するために15歳で学校を中退し、ハリウッドに引っ越すという信じられない提案を認めてくれた両親に感謝している。

 エマはある憂うつな月曜日にアリゾナ州スコッツデールの教室で座っていたとき、ここではないどこか、つまりロサンゼルスへ行かなければならないと思い立った瞬間を振り返った。家に駆け戻り、「ハリウッド計画」と題したプレゼンをPowerPointで作成して両親を説得し、ただちにロサンゼルスへと向かった。

 「両親が同意してくれたなんてとんでもないわ。自分なら許さない。みんな高校に行って卒業すべきなのに」とエマは米Hollywood Reporter誌とのインタビューで語った。

 しかし、両親は痛々しいほどシャイで、パニック発作を起こしやすい不器用な娘にとって、一番ためになることをしたのかもしれない。

 「単にそういう造りになっているだけよ」とエマは話している。

 エマは7歳でセラピーを受け始めたが、自分の意見を口に出して言えるようになったのは劇団に入ってからだった。

 「両親は私が演技を通じて充実して幸せになることを分かっていたんだと思う」とエマは同誌に語っている。

 エマと母親はロサンゼルスへ移り、父親はスコッツデールに残った。女優を志望するエマはホームスクールで勉強するかたわら、TV番組のオーディションを受ける生活を送った。VH1の「The New Partridge Family」パイロット版でローリー・パートリッジ役に起用されたものの、番組化の企画はボツになった。しかしマネージャーのダグ・ワルド(Doug Wald)と出会い、キャリアが開花するきっかけに恵まれた。

 エマは『スーパーバッド 童貞ウォーズ』や『ゾンビランド』、『小悪魔はなぜモテる?!』、『アメイジング・スパイダーマン』などの演技で高い評価を受け、マイケル・キートン(Michael Keaton)の娘を演じた2014年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で初めてオスカーにノミネートされた。

 エマは最新作『ラ・ラ・ランド』で各映画賞を総なめにし、24日のアカデミー賞ノミネート発表で2度目となるノミネートを獲得。主演女優賞の大本命とみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial