GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.05.29(Mon)

ケイト・ブランシェット、時間とともに成長する味わいのある香水が好み!

豪出身の人気女優ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett、48)といえば、レッドカーペットでのオートクチュールの着こなしにも、オフ時のデニムジーンズのカジュアルな着こなしにも、ともに洗練したスタイルを見せてくれることに定評がある女優さん。フラグランスに対しても、しっかりとした“こだわり”をもちろん持っている。

「時間の経過とともに成長するフラグランスを選ぶようにしている」と、ケイトは英版Elle誌に対して語っている。「いまはアルマーニ(Giorgio Armani)の“ローズ シグナチャー(Si Rose Signature Eau de a Parfum)”と“インテンス(Si Intense Eau De Parfum)”の2つの間を交互に行き来しているわ」

2013年以来「アルマーニ」の香水の広告のお顔を務めているケイトは、ノートとして、シシリアン・ベルガモ油やマンダリン・オイルとともに、ブラックカレントリカー、ローズ、ネロリ、エジプトジャスミンなどを配合した同ブランドのフェミナンな香りが気に入っているとも語った。そんなケイトの香水愛は、オーストラリアのメルボルンで育った子供時代まで遡る。

「香水には、とても個人的な思い入れがあるの。過去を思い出させてくれるものであると同時に、これから思い出を作ることになるもの。わたしにとって、一番ノスタルジックな香りは、オーストラリアの夏を充たすユーカリの香りとともに、母や祖母の使っていた香水。自分が育っている時に、こっそりと少し盗んで自分に付けた思い出があるの」

一方、4児の母親であるケイトは、普段のメイクは少なくて済むほどOKという主義で、これもブランドアンバサダーを務めるスキンケアブランド「SK-II」のFacial Treatment Essenceに、日焼け止めSPF、あとはマスカラを少々つける程度で済ましてしまうという。

「ヘアケアに関しては、使うとしたら英ブランド「Philip Kingsley」のシャンプー前トリートメントの“Elasticizer”。髪を強く健康に保ってくれるの」と、ケイトはつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat