GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.05.19(Fri)

『キング・アーサー』、興行不振でシリーズ化計画が白紙!

 ガイ・リッチー(Guy Ritchie)監督の新作『キング・アーサー』が興行面で大失敗したことを受け、シリーズ化の計画が撤回された。

 チャーリー・ハナム(Charlie Hunnam)が主人公のアーサー王を演じる同作は12日に全米で公開されたが、1億7,500万ドル(約194億5,000万円)という巨額の制作費に対し、わずか1,470万ドルの興収だった。ワーナー・ブラザースは当初、脚本とプロデューサーを務めたジョビー・ハロルド(Joby Harold)が提案したように、マーベルにならって中世の騎士道物語から複数のキャラクターを登場させるシリーズを想定していた。しかし興行的な大失敗を受け、続編を製作する計画を撤回したようだ。

 「『キング・アーサー』シリーズは死んだ」とあるハリウッド関係者は英The Sun紙に語っている。「この数字はワーナーとガイ・リッチーにとって大災難だ。最近の記憶では、最も失敗した作品の1つになる」

 ワーナーで配給を担当する幹部のジェフ・ゴールドスタイン(Jeff Goldstein)は米Hollywood Reporter誌とのインタビューで、「コンセプトが幅広い観客に響かなかったため、失望している。期待はもっと高かった」と認めた。

 リッチーは2014年、2015年に公開された監督作『コードネーム U.N.C.L.E.』の脚本を書いたライオネル・ウィグラム(Lionel Wigram)と共に、ハロルドの企画に取りかかった。当初は昨年の公開が予定されていたが、試写段階での反応がいまひとつだったため、リッチーが多くのシーンの撮り直しを決定。そのため今年5月まで公開が延期された。

 舞台裏を知る宣伝担当者は米エンターテイメント情報サイト「Deadline」に対し、制作は「大惨事」だったと語っている。

 リッチー監督の次回作はディズニーの名作アニメ『アラジン』の実写リメイクで、来年の公開が予定されている。アメリカでは壊滅的な興収となった『キング・アーサー』だが、監督は19日に公開されるイギリスで状況が好転することを願うだろう。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team