GLAM Editorial

2017.03.09(Thu)

別居していたベン・アフレック&ジェニファー・ガーナー夫妻が離婚を撤回!

 俳優のベン・アフレック(Ben Affleck)と女優のジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner)夫妻が離婚を撤回したと報じられた。

 長女ヴァイオレット(Violet, 11)ちゃん、次女セラフィナ(Seraphina, 8)ちゃん、長男サミュエル(Samuel, 5)君の計3児をもうけた夫妻は結婚から10年が経った2015年6月に離婚を表明。しかし別居後も子どもたちを連れて一緒にすごす姿を繰り返し目撃され、ときには2人きりでいることもあった。

 夫妻はここへ来て、離婚の法的手続きを保留し、もう一度やり直す努力をする決意を固めたと米People誌が情報筋の話として伝えた。

 「ジェンは離婚を取りやめたわ」と彼女に近い事情通は同誌に語っている。「本気でベンとやり直したがっているの。2人とも関係を修復するつもりよ」

 しかし別の事情通は、結婚をやり直すことを決めたのはお互いの意志だったと強調した。「仲直りするチャンスはいつでもある。お互いに相手を愛しているんだ。それに子どもたちのことも本当に心から愛していて、子どもたちも両親が大好きだよ」

 ジェニファーとベンは別居後も友好的な関係をキープしてきた。『アルゴ』などで知られるベンは昨年10月、ジェニファーが当時、米大統領選でヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)候補を支援する集会に参加したことを米エンターテイメント情報番組「Extra」とのインタビューで触れ、疎遠になった妻の公私のバランスのとり方を尊敬すると語っていた。

 「今は(ネバダ州)リノにいるよ。自分が信じることを実行していて、すばらしいよ。本当にすごいと思う。やることなすことすべてに感心させられるんだ。最高の母親で、それが当たり前の毎日だよ」

 ベンのこの言葉が伝えられる前の昨年8月には、ジェニファーが米モーニングショー「トゥデイ」に出演し、ベンとの関係を発達させ、「大親友同士」になったと語っていた。「私たちは間違いなく現代的な家族。とてもうまくいっているわ」とジェニファー。「ベンが(バットマンを演じる)『Justice League(原題)』の撮影でロンドンにいたとき、私は『子どもたちもそんな経験をしておくべき』と感じたし、彼と私は大の親友で、家族みんなで出かけているわ。何の問題もないことを子どもたちに見せておきたいの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial

2021.05.26(Wed)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial

2021.05.25(Tue)

唇アートメイクのデメリット4選とメリット5選|デメリットを解消する方法もあわせて解説
GLAM Editorial