GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.05.15(Mon)

ハリー・スタイルズ、新曲と元恋人テイラー・スウィフトとの関連について質問され動揺!

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles, 23)が、新曲「トゥー・ゴースツ」は元カノで米歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)について歌っているのかと質問され、顔が真っ赤になるハプニングがあった。

 ハリーは12日、セルフタイトルのソロデビューアルバム『ハリー・スタイルズ』をリリースし、現在は新曲のPR活動を展開している。

 英ラジオ局BBC Radio 1の「ブレックファスト・ショー」に出演したハリーは、友人で司会のニック・グリムショー(Nick Grimshaw)に「トゥー・ゴースツ」のテーマについてしつこく質問された。この曲は2012年にハリーがテイラーと付き合った当時の思い出を歌っているとみられており、「同じ赤い唇、同じ青い瞳/同じ白いシャツ、いくつかのタトゥー」という歌詞がある。

 しかしハリーはテイラーについては何も語ろうとせず、「説明はまったく必要ないと思うよ。時が経てば状況は変わるけれど、それでも同じことができるという意味なんだ。そして時には、それがただ違うだけという場合もある」と説明した。

 明らかに動揺したハリーは、広報担当者に向かって「助けてよ、ジェフリー」とつぶやいた。

 しかしニックはその答えに満足せず、曲紹介でハリーに追い込みをかけた。

 「さて、これがテイラー・スウィフトについて歌った曲です」とニックは宣言して曲を流した。

 ハリーはニックのコメントに対し、「ノーッ!」 と声を上げ、出演を切り上げてライバル局の「キャピタル」に行くとジョークを飛ばした。

 幸い、ハリーが続いて出演したクリス・エヴァンス(Chris Evans)が司会のBBC Radio 2の番組では場の空気はぎこちないものにならず、ソロアーティストとしての活動をどう受け止めているかについて語った。

 「バンド活動で好きなのは、自分を抑圧したり、ごまかしたりする気分になったことがない点なんだ」とハリーは胸の内を語った。「『これからこの曲を生み出し、すべてを語るんだ』と考えながらやっていたよ。正直になりたかったんだ」

 ワン・ダイレクションは5枚目のスタジオアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』をリリースした後、2016年初頭から活動を休止している。

 ナイル・ホーラン(Niall Horan)、リアム・ペイン(Liam Payne)、ルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)ら他のメンバーもそれぞれソロ活動を続けていて、リアムは近日中に新曲をリリースするとみられている。一方、すでに脱退したゼイン・マリク(Zayn Malik)は、昨年リリースしたソロアルバム『マインド・オブ・マイン』が大ヒットした。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial