GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.05.12(Fri)

ラナ・デル・レイ、新恋人とうわさのG・イージーとの交際を示唆!

 新進白人ラッパーのG・イージー(G-Eazy)との交際がうわさされる人気歌手のラナ・デル・レイ(Lana Del Rey, 31)が、自分は「最高のガールフレンド」と宣言し、熱愛の憶測に拍車がかかっている。

 ラナは4月に野外音楽祭「コーチェラ・フェスティバル」でG・イージーと親しくなったと伝えられ、今週には3夜連続でデートする姿をキャッチされたことから、2人は付き合っているという見方が広まった。

 ラナは彼との交際が報じられる前に応じた英版Elle誌の特集記事で恋愛について語り、今は恋人がいないと断言。さらに自分が完璧なパートナーである理由を説明した。

 「私は最高のガールフレンドよ。本当に心を動かされない限り、誰かと付き合うことはしないわ。無条件に理解するし、とても愛情深いし、長い時間を一緒にすごしたいと思う」とラナは語っている。

 ラナは2015年に伊フォトグラファーのフランチェスコ・カロッツィーニ(Francesco Carrozzini)と破局。また2011年から2014年まではキャシディ(Kassidy)のバリー=ジェイムス・オニール(Barrie-James O’Neill)と付き合っていた。さらに過去の交際相手にはミュージシャンのスティーヴン・メルテンス(Steven Mertens)や、名前が明かされていないレコードレーベル幹部らも含まれる。

 ニューアルバム『ラスト・フォー・ライフ』のリリースを控えるラナは、バンドのフロントマンは理想のパートナーになりえないという結論に達している。彼らには自己中心なところがあるからだ。

 「私にとって、ちょっとしたエッジやセクシーさ、魅力、仲間意識、同じ考えを持っていることが大事だけれど、すごく自己中心的で自分のニーズだけを優先する人がもたらす欠点がないことが理想の恋人だわ。ミュージシャンというくくりで言えば、フロントマンの多くがそうよ!」とラナは笑った。「いつか、『フロントマンの呪いとデートするなら絶対にベーシストである理由』というタイトルの本を書くつもりよ」

 またラナは同じインタビューで、新曲は政治的な出来事に触発されて作曲したとも打ち明けた。自分が感じたことを表現しないのはおかしいと考えたからだという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.27(Wed)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
nanat
nanat

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial