GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.05.11(Thu)

プリヤンカー・チョープラ、ニック・ジョナスとの熱愛を否定!

 米テレビシリーズ「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」などで知られるインド出身の女優プリヤンカー・チョープラ(Priyanka Chopra, 34)が、米ミュージシャンで俳優のニック・ジョナス(Nick Jonas)との熱愛のうわさを否定した。

 プリヤンカーは今月、ニューヨークのメトロポリタン美術館が主催する「METガラ」こと「コスチューム・インスティチュート・ガラ」でニックを同伴していたことから、熱愛の憶測に拍車がかかっていた。しかし9日夜にジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)が司会の米トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演した際、彼女はニックとのうわさをごまかし、スターが集結したMETガラに一緒に行くことにした唯一の理由は、同じデザイナーによる服を着ていたからだと説明した。

 「お互いにラルフ・ローレン(Ralph Lauren)を着ていたから、一緒に行くことにしたの。楽しかったわ」とプリヤンカーは語っている。「同じテーブルについたの。以前からの知り合いで、『ねえ、一緒に行こう』と彼が言ってきたから、私も『オーケー、一緒に行きましょう』と答えたの。結果的に行ってよかったわ」

 ニックと自分に周囲の視線が集まったとはいえ、会場ではそれほど華やかな雰囲気ではなかったとプリヤンカーは認めている。トレンチコート風のドレスの長いトレーンのせいで、終始マイクロバスで移動しなければならなかったからだ。

 また彼女は番組中に、1990年代に放送されたTVシリーズ「ベイウォッチ」のリブート映画への出演についても語り、デヴィッド・ハッセルホフ(David Hasselhoff)とパメラ・アンダーソン(Pamela Anderson)が主演したオリジナル版は、子どもの頃に大好きな番組の1つだったと打ち明けた。しかし、おばと一緒に暮らすために10代でインドから移住したとき、アメリカは「ベイウォッチ」の舞台となったカリフォルニアのように、日当たりがよくて魅力的な場所ではないと知り、ショックを受けたとも話している。

 「アメリカ人はみんな(デヴィッドやパメラのような)顔をしていると信じていたの。どこに行ってもビーチだらけで、みんながブロンドで、赤い水着がよく映えるものだと思っていたわ。でも13歳でアイオワ州シーダーラピッズに来たとき、『待って、これってカリフォルニアじゃない!』と思ったのを覚えているわ」とプリヤンカーは笑った。

 新劇場版にカメオ出演したデヴィッドやパメラと撮影現場で会うチャンスは訪れなかったものの、プリヤンカーはデヴィッドがその後に連絡をくれて、インドで一緒に映画を撮る可能性について話をしたとも明かした。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial