GLAM Editorial

2017.04.27(Thu)

カーラ・デルヴィーニュ、動物のマネを披露してSF映画に出演決定!?

 英モデルで『スーサイド・スクワッド』などで女優としても活躍するカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)は、仏映画監督リュック・ベッソン(Luc Besson)の新作SF映画『Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)』のオーディションで動物のマネをして出演を獲得したらしい。

 カーラはベッソン監督にランチミーティングに誘われた際、まさか映画のオーディションを受けるとは想像もしていなかった。しかしミーティングが始まってしばらくすると、経験したことのないようなスクリーンテストが待っていたという。

 「この映画のオーディションをするとは知らなかったの」とカーラは米V誌に語っている。「エージェントでさえオーディションとは知らなかったから、トップシークレットの企画だったのは確かだわ。ただ『リュックがブランチをしたがっている』としか言われなかったから、『いいわ、やりましょう!』と答えたの」

 「でも監督と会ったら、(映画について)すごく熱く語ってくれて、長年温めてきた、情熱をかけた作品だと肌で感じたの」

 ところが、そこから話は変な方向へと転がっていった。

 「演技力を証明しなくちゃいけなかったけれど、普通のオーディションじゃなかったわ」とカーラは笑顔で振り返った。「例えば、リュックは『何か物語を考えて、言葉を一切使わないで説明してほしい。体を使ったり、思いつきで物音を立てたりして』とか、『ある動物になりきって、僕に当てさせてみて』と言ってきたの」

 カーラが何をしたのかは不明だが、それが成功したのは間違いない。デイン・デハーン(Dane DeHaan)と共演し、今夏に公開される『Valerian and the City of a Thousand Planets』にロールリーヌ役で出演するからだ。

 またカーラはベッソン監督との仕事はとても楽しかったとつけ加え、特に自分でスタントをやったことが嬉しかったという。

 「スタントウーマンを使わないこともできると言われたら、必ず『自分にやらせてほしい! ビルから投げ落とされたい!』とアピールするの」とカーラは話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial