GLAM Editorial

2017.04.26(Wed)

ソニー・ミュージック、KE$HAと裁判中のドクター・ルークとの業務関係を解消!

 ソニー・ミュージックが、傘下のレーベルとプロデューサーのドクター・ルーク(Dr. Luke/本名:ルーカス・ゴットワルド、Lukasz Gottwald, 43)との業務関係を解消した。

 ルークは2014年10月以降、精神的・身体的・性的虐待を受けたと主張する歌手のKE$HA(ケシャ)と10年間の契約をめぐって泥沼の法廷バトルの渦中にある。しかし25日、ルークは自身のレーベル「キモサベ・レコーズ」のCEO職を解かれたことが発表された。広報担当者はルークがいかなる形でもソニー・ミュージックを代表する権限はないと明言したと米Hollywood Reporter誌が伝えている。また、レーベルのサイトからはルークに関するページが削除されている。

 ソニー・ミュージックはルークと提携して2011年にキモサベ・レコーズを設立。これによりルークは作品の独占権をソニーに与える代わりに、芸術的な面で最終決定権を得た。ルークはキモサベではチャート1位の楽曲をほとんどプロデュースできなかったものの、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)の「レッキング・ボール」やケイティ・ペリー(Katy Perry)の「ロアー ~最強ガール宣言!」、ピットブル(Pitbull)がKE$HAとコラボした「ティンバー」などのヒットシングルを量産し、ソニーに貢献した。

 一方、ルークとKE$HAの法廷バトルは現在も続く。「Tik Tok」などのヒット曲で知られる彼女はキモサベ・レコーズとの契約解除を認めるよう裁判で主張。昨年に敗訴したものの、修正した訴状を1月に提出した。しかし先月、その修正訴状も却下された。

 ルークは虐待されたというKE$HAの主張を強く否定しており、数々の申し立てで中傷しているとして対抗訴訟を起こしている。ルークとソニー双方の弁護士は業務関係の解消についてコメントしていない。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
Saki

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial