GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.04.26(Wed)

タイッサ・ファーミガ、姉ヴェラに続き『死霊館』スピンオフに出演!

 女優のタイッサ・ファーミガ(Taissa Farmiga, 22)が、姉のヴェラ(Vera, 43)が主演を務めた心霊ホラーシリーズ『死霊館』に出演し、スピンオフ作品『The Nun(原題)』でタイトルロールの修道女を演じることが分かった。

 TVシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズでブレイクしたタイッサはデミアン・ビチル(Demian Bichir)と共に、スピンオフ作品で主演を務める。同作は『死霊館 エンフィールド事件』で絵から飛び出し、ヴェラ扮する実在の超常現象研究家ロレイン・ウォーレンに襲いかかる悪魔の修道女ヴァラクを中心に展開する。

 各メディアによると、タイッサは若い頃のヴァラクを演じ、『ヘイトフル・エイト』などでも知られるデミアンは不審死の調査でローマに派遣されるバーク神父を演じるという。

 メガホンをとるのは2015年の映画『ザ・ハロウ/侵蝕』を手がけた英映画監督のコリン・ハーディ(Corin Hardy)で、『死霊館』シリーズのプロデュサーであるピーター・サフラン(Peter Safran)とジェームズ・ワン(James Wan)監督が製作を務め、ワン監督とゲイリー・ドーベルマン(Gary Dauberman)が共同で脚本を執筆したと米エンターテイメント情報サイト「Deadline」が伝えている。

 キャスティングの詳細は不明だが、ニューライン・シネマは2018年7月13日の金曜日に『The Nun』を公開することで恐怖をあおりたいとしている。

 ワン監督は2013年の『死霊館』と2016年の続編『死霊館 エンフィールド事件』でメガホンをとり、3億1,800万ドル(約350億6,600万円)の世界興収という大ヒットに導いた。

 『死霊館』シリーズは、パトリック・ウィルソン(Patrick Wilson)演じるエド・ウォーレンと妻ロレインが行った超常現象調査の実話を基にしている。

 第1作『死霊館』は2014年に呪われた人形をテーマとした『アナベル 死霊館の人形』というスピンオフを生み出し、650万ドルという低予算ながら2億5,600万ドルという驚異的な大ヒットとなった。またその前日譚となる『Annabelle: Creation(原題)』は8月に公開が予定されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial